Excel VBA のCellsプロパティで最近知ったこと





Excel VBA のCellsプロパティで最近知ったこと

Excel VBA ワークシートのセルを参照する場合
  • Rangeプロパティ
  • Cellsプロパティ

を使用します。
例えばB2のセルを参照する場合
    Cells(2, 2) = 1
Range("B2") = 2

のようにします。

Cellsプロパティの良いとこは
For Next文で列や行を容易にループできるところです。
Dim row As Long

For row = 1 To 10
Cells(row, 2) = 100
Next row


Rangeプロパティでは行を変化させて
For row = 11 To 20
Range("B" & row) = 101
Next row


のようにできますが列を変化させるには工夫が必要です。

で、ここからが本題ですが
私は勝手にCellsプロパティは
列と行を数字で指定するものと思っていました。

しかし、ひょんなことから文字も指定できることに気付きました。
Cells(2, 2) = 1

Cells("2", "B") = 100
行は文字といっても実際は行数なので数値ですが
列として文字の「A B C ... Z AA AB ... 」が指定できるのです。

まぁ、数値しか指定できないと勝手に思っていただけなのですが...
目からうろこが落ちた思いでした。

比較的小さい列であれば
Cells(2, 2) = 1

Cells("2", "B") = 100
と指定できます。
でも、
Cells("2", "ZZ") = 100
位になると列を数値で指定するのは少々厄介です。
それまで、私は
col = Range("ZZ" & "1").Column
Cells(2, col) = 100
このように一度、Rangeプロパティを使って、
列を数値に変換後
Cellsプロパティを使用していました。

でも、Cellsプロパティでも
Cells("2", "ZZ") = 100
このように
列として文字の「A B C ... Z AA AB ... 」が指定できるのです。

結構便利だと思いませんか?
それとも、知ってました?

Windows Updateが 8024402C または 80244022 のコードでエラーになる






Windows Updateが 8024402C または 80244022 のコードでエラーになる

しばらく社外で使用していたパソコンを社内で使うことに。

とりあえず、Windows Updateで最新に更新しようとしたら
Windows Update の「更新プログラムの確認」を実行するとコード 8024402C または 80244022 ですぐに止まってしまう。
でも、画面右下の「Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する」を
クリックすると正常にWindows Updateが正常に実行できます。


ネットで調べると、「8024402C または 80244022」は
  • ネットワーク接続環境が悪い
  • プロキシの設定が悪い

など、ネットワークの問題で発生するエラーのようです。

でも、普通にブラウザで外部のサイトの表示ができます。

原因は当該パソコンにWSUS(Windows Server Update Services)の設定がされており

Windows Updateの「更新プログラムの確認」を実行すると
登録されているWSUSサーバーに接続しに行くのですが
社外のサーバーのため接続できず
すぐにエラーになったようです。

■解決方法
WSUSの登録についてはこちらに書かれています。
グループ ポリシーまたはレジストリの設定を使用して自動更新を構成する方法

当該パソコンはレジストリで設定されていました。
この場合はregeditを起動し
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate]
以下を削除することでWSUSの設定が削除されます。

削除後のregeditの画面


再起後、Windows Updateが正常に実行できるようになりました。
画面右下の「Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する」の表示も無くなりました。




小型スピーカーを買ってみた








パソコンやスマホ本体のスピーカーの本質はあまり良くありません。
特に比較的に小型のパソコンでは長時間音楽を聴くには適していません。

そのために外付けスピーカーを使うのですが
電源や配線/設置
更にBluetoothならペアリングなど
色々な機器/場所で使うにはちょっと面倒です。

でも、この「E-More 高音質ミニポータブルスピーカー」はイヤホンジャックにさして
電源を入れるだけで使用できます。
ただ、充電式なので充電は必要です。
iPhone7にはイヤホンジャックが無いのでそのままでは接続できませんが。。。

で、特筆すべきは
この「E-More 高音質ミニポータブルスピーカー」の音質です。
小さい本体から音が出てるとは思えないくらいの良い音がします。

Amazonのカスタマーレビューでも音質については高評価が目立ちます。

スピーカー1個のため残念ながらステレオ再生はできませんが
手軽に
  • スマホの音楽
  • ネットラジオ
  • youtube
  • Amazon Prime Video
  • Amazon Prime Music

などを聴きたい場合は便利です。

スマホで音楽再生時、ボリュームを大きくすると
音質が良くなく、
スピーカーの向きが横を向いていることもあり
うるさく感じます。(特に周りにいる人は)
しかし、この「E-More 高音質ミニポータブルスピーカー」は
スピーカーの向きも変えられ、音質も良いので
そこそこの大音量でもうるささを感じません。

色々な本体にさして使える。
そこそこ良い音がする。
なかなか便利です。



Amazonのプライム・ビデオがモバイルデバイスにダウンロードできなくなった。






Amazonのプライム・ビデオがモバイルデバイスにダウンロードできなくなった。


Amazonプライム・ビデオはFireタブレットやモバイルデバイスにダウンロードできます。
私も何度かダウンロードしました。

こちらのAmazonのヘルプには
Amazon.co.jp ヘルプ: プライム・ビデオのダウンロード
最大25個ダウンロードできることになっています。

でも、私が所有している全てのモバイルデバイスにダウンロードしたビデオは全く無い状態でした。

しかし、最近Amazonプライム・ビデオに追加された「勇者ヨシヒコと魔王の城」と「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」がダウンロードしたい。

ということで調べてみました。

こちらに情報がありました。
【amazonビデオ】別の登録デバイスにダウンロードされていると言われ、ダウンロードできない場合の対応【プライム】 | 俺なんて….com ― ORENANTE.com ― ... orz

どうやら、ダウンロードした状態でデバイスを初期化したことで
デバイスにはダウンロードしたファイルは存在しない状態でプライム・ビデオの管理上は
上限のダウンロード数の上限に達したようです。


ここから
Amazonビデオの設定


  1. 「登録デバイス」を全て削除し
  2. モバイルデバイスからAmazonプライム・ビデオの使用開始登録

これでAmazonプライム・ビデオがダウンロードできるようになりました。

勇者ヨシヒコは
現在、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」がテレビ東京【ドラマ24】で放送中です。
12月3日 (土) 0:12の【第9話】では川栄李奈が出演する模様。
乞うご期待!


プライム・ビデオはこちら
勇者ヨシヒコと魔王の城 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵


Windows Update で コード 8007000E のエラーが出たり「更新を確認しています」に長い時間がかかる





Windows Update で コード 8007000E のエラーが出たり「更新を確認しています」に長い時間がかかる

Windows 7 ProのPCを何台かセットアップすることになった。

システム リカバリー後はWindows 7 Pro SP1 の状態。
Windows 7 Pro SP1の状態から最新のWindows Updateの更新を実施する必要があるため
システム リカバリー後はひたすらWindows Update実施しなければならない。

で、最初に起きたのがこの「8007000E」エラー
Windows Updateを実行するとすぐにこのエラーが表示される。
「Windows Update で不明なエラーが発生しました。」って言われても...



■コード「8007000E」の対処方法
64ビットは
Download Windows 7 用更新プログラム (KB3050265) from Official Microsoft Download Center

32ビットは
Download Windows 7 用更新プログラム (KB3050265) from Official Microsoft Download Center

ここから更新プログラム KB3050265 をダウンロードし実行することでコード「8007000E」のエラーは発生しなくなりました。
ただし、更新プログラムの実行はシステムを再起動後に実施する方がいいようです。
そうしないと、この更新プログラムがなかなか終わりません。


次に何とかWindows Updateが動作するようになったのですが
とにかく、Windows Updateの「更新を確認しています」が遅い。

エラーにはならず、延々と「確認」しています。
デスクトップPCで4時間ほど、ノートパソコンでは10時間くらい確認にかかるのです。
いったい何を確認しているか分からないのですが
数時間経過すれば終わるので我慢して待つことに。

これが、1台のPCセットアップならまだ良いのですが、
何台もとなると我慢の限界です。

■「更新を確認しています」に長い時間がかかる場合の対応

こちらのブログに対応方法がありました。

「Windows Update がなかなか終わらないな…」と思ったら – Japan WSUS Support Team Blog

ここの
「最新の WUA に更新することで、Windows Update の実行速度を上げることが出来ます。」の記述の下に
ある
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3138612
このリンクを開き

32ビットは
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7

64ビットは
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7

の右横の「パッケージのダウンロード」をクリックし 更新プログラム KB3138612 をダウンロードします。

こちらも、更新プログラムの実行はシステムを再起動後に実施する方がいいようです。
そうしないと、この更新プログラムがなかなか終わりません。

この更新プログラムの実行で
今まではいったい何だったのかと思うくらいの時間で「確認」が終わりました。




アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR