Endeavor NT9000Pro その1

Endeavor NT9000Pro その1



Endeavor NT9000Pro その1


オクで買ったEndeavor NT9000Pro
BIOSパスワードがかかったジャンク品 ACアダプタ無しを落札

しかし、

※再現した画像です。

電源を入れると
CMOS Checksum Bad
Press F2 to Run SETUP
Press F1 to to load default values and continue
と表示され
F1 F2を押すとパスワード入力の画面になり
正しいパスワードを入力しないと起動できません。

CPUはPentium M 2GHz
画面は解像度は 1920×1200 15.4 型 WUXGAで

まだまだ、現役で使用できそう。
FPDでDOSを起動しようにも上記エラーでパスワードを入力しないと先に進めません。

とりあえず、メモリや、無線LANを確認するため分解。

無線LANも内臓しており内部はけっこうきれいです。

CPUファンを掃除し、
メモリー、バッテリーをはずして 電源ON
メモリーが無いので当然起動しません。

なすすべもなく、メモリーを装着し元に戻します。

何かいい方法はないかと考えるがそう簡単にパスワードが解除できる訳もなく、

ところが、電源を入れたところ
さっきと違い、なんと、



centrinoのマークが表示


さっきとは違います。
おー、
そしてHDDをアクセスするように。

これで、OSをセットアップできます。

結局、メモリー、バッテリーをはずして電源をON、OFFしたのが良かったようです。
BIOS設定はできないものの起動はできるようになりました。

そこで、ものはためし、USBタイプのFPD装置を接続し

BIOSを最新に

更新してみました。
うまく、更新できた模様。

わくわくして電源を入れたら,
またもや
CMOS Checksum Bad
orz

あまかった、
でも、今回はあわてずメモリーとバッテリーをはずし、再度リセット

ウィンドウズインストール&セットアップを行い使用できるようになりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR