Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D ICSのbusyboxをCM9と同じにする







Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D ICSのbusyboxをCyanogenMod9 CM9と同じにする

adb shell内で使用するbusyboxですが
ICS版とCM9版では仕様が微妙に異なります。

例えば、1例ですが
CM9のbusyboxにはviが有りますが
ICS版にはありません。

どうせなら、操作感を統一したいので
CM9のbusyboxをICS版は入れました。

余談ですが、
viが使えないとちょっとしたファイルの修正でも
以下の手順を踏まなければなりません。
・編集対象のファイルを母艦に転送
・母艦でファイルを編集
・母艦からファイルを戻す
「そんなに大したことがない」と感じる人も居るかと思いますが、
「adb shellでファイル転送した場合」、
母艦上の「エクスプローラ等でファイル確認する」と
転送が終わっていないように見えます。

USBを抜いて、再度接続すれば表示が同じになりますが
意外と面倒です。


入れ替え前のbusybox

localhost ~ # busybox
BusyBox v1.16.2androidminimal (2010-03-28 22:34:51 EDT) multi-call binary.
Copyright (C) 1998-2009 Erik Andersen, Rob Landley, Denys Vlasenko
and others. Licensed under GPLv2.
See source distribution for full notice.

Usage: busybox [function] [arguments]...
or: function [arguments]...

BusyBox is a multi-call binary that combines many common Unix
utilities into a single executable. Most people will create a
link to busybox for each function they wish to use and BusyBox
will act like whatever it was invoked as.

Currently defined functions:
[, [[, ash, awk, basename, bbconfig, bunzip2, bzcat, bzip2, cal, cat,
catv, chgrp, chmod, chown, chroot, cksum, clear, cmp, cp, cpio, cut,
date, dc, dd, depmod, devmem, df, diff, dirname, dmesg, dos2unix, du,
echo, egrep, env, expr, false, fdisk, fgrep, find, fold, free,
freeramdisk, fuser, getopt, grep, gunzip, gzip, head, hexdump, id,
insmod, install, kill, killall, killall5, length, less, ln, losetup,
ls, lsmod, lspci, lsusb, lzop, lzopcat, md5sum, mkdir, mke2fs, mkfifo,
mkfs.ext2, mknod, mkswap, mktemp, modprobe, more, mount, mountpoint,
mv, nice, nohup, od, patch, pgrep, pidof, pkill, printenv, printf, ps,
pwd, rdev, readlink, realpath, renice, reset, rm, rmdir, rmmod,
run-parts, sed, seq, setsid, sh, sha1sum, sha256sum, sha512sum, sleep,
sort, split, stat, strings, stty, swapoff, swapon, sync, sysctl, tac,
tail, tar, tee, test, time, top, touch, tr, true, tty, tune2fs, umount,
uname, uniq, unix2dos, unlzop, unzip, uptime, usleep, uudecode,
uuencode, watch, wc, which, whoami, xargs, yes, zcat


入れ替え後のcm9のbusybox

localhost ~ # busybox
BusyBox v1.20.2-cm9 bionic (2012-07-14 01:52 +0200) multi-call binary.
Copyright (C) 1998-2012 Erik Andersen, Rob Landley, Denys Vlasenko
and others. Licensed under GPLv2. Merged for bionic by tpruvot@github
See source distribution for full notice.

Usage: busybox [function [arguments]...]
or: busybox --list
or: function [arguments]...

BusyBox is a multi-call binary that combines many common Unix
utilities into a single executable. Most people will create a
link to busybox for each function they wish to use and BusyBox
will act like whatever it was invoked as.

Currently defined functions:
[, [[, adjtimex, arp, ash, awk, base64, basename, bbconfig, blkid,
blockdev, brctl, bunzip2, bzcat, bzip2, cal, cat, catv, chattr, chgrp,
chmod, chown, chroot, clear, cmp, comm, cp, cpio, crond, crontab, cut,
date, dc, dd, depmod, devmem, df, diff, dirname, dmesg, dnsd, dos2unix,
du, echo, ed, egrep, env, expand, expr, false, fbsplash, fdisk, fgrep,
find, flash_lock, flash_unlock, flashcp, flock, fold, free,
freeramdisk, fsync, ftpget, ftpput, fuser, getopt, grep, groups,
gunzip, gzip, halt, head, hexdump, id, ifconfig, inetd, insmod,
install, ionice, iostat, ip, kill, killall, killall5, less, ln,
losetup, ls, lsattr, lsmod, lsof, lsusb, lzcat, lzma, lzop, lzopcat,
man, md5sum, mesg, mkdir, mkdosfs, mke2fs, mkfifo, mkfs.ext2,
mkfs.vfat, mknod, mkswap, mktemp, modinfo, modprobe, more, mount,
mountpoint, mpstat, mv, nanddump, nandwrite, nbd-client, nc, netstat,
nice, nohup, nslookup, ntpd, od, patch, pgrep, pidof, ping,
pipe_progress, pkill, pmap, poweroff, printenv, printf, ps, pstree,
pwd, pwdx, rdev, readlink, realpath, reboot, renice, reset, resize,
rev, rm, rmdir, rmmod, route, run-parts, rx, sed, seq, setconsole,
setserial, setsid, sh, sha1sum, sha256sum, sha512sum, sleep, sort,
split, stat, strings, stty, sum, swapoff, swapon, sync, sysctl, tac,
tail, tar, taskset, tee, telnet, telnetd, test, tftp, tftpd, time,
timeout, top, touch, tr, traceroute, true, ttysize, tune2fs, umount,
uname, uncompress, unexpand, uniq, unix2dos, unlzma, unlzop, unxz,
unzip, uptime, usleep, uudecode, uuencode, vi, watch, wc, wget, which,
whoami, xargs, xz, xzcat, yes, zcat


■ダウンロード
あくまで、自己責任のもとご利用ください。
ダウンロードはroot_cm9.zipから

<注>
キーワードはアルファベット半角小文字でこいつのdocomoの機種名6文字


■インストール手順
1.ダウンロードしたroot_cm9.zipをSDcardにコピー

2.OdinでICSを焼く(参考:ここのLQ1.tar

3.heimdallでCWM(ClockworkMod Recovery)を焼く
(参考:ここのheimdallでCWM(ClockworkMod Recovery)を焼く

4.root_cm9.zipをCWMで焼く

既に、root.zipでICSをroot化している場合も上記1.から4.を実施します。
ただし、dataはそのままで、factory resetはしないでください。


その後、これをやって
Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9をbashとPuTTYで使う

2012年8月3日追記
なお、bashの環境設定ファイルの例はbash_profile.txtこちら。
このリンクの対象を保存し、ファイル名の「.txt」を取って「bash_profile」という名前に変更します。
変更後、「/sdcard/」直下に転送します。

この、「bash_profile」内の
#use_color=true
use_color=false

の2行を編集し
use_color=true
#use_color=false

とすることで(trueの行を有効にすることで)カラーが有効になります。

(「bash_profile」の改行コードは「LF」です。注意してください。)


とりあえず、viの動作を確認しました。




2012年9月20日関連記事を追加しました。
Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D ICS でCM9の標準ブラウザを動かす
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR