Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9のMVNOデータ専用 SIM パッチで起動できなくなる







Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9のMVNOデータ専用 SIM パッチでframework.jarを入れ替え後に
cache、dalvik-cacheをクリアして起動すると
通常、下の画面表示後、bootが終了します。


ところが、cm-9-20120708-NIGHTLY-p1.zip以降ではパッチ適用後のframework.jarを入れ替えて
cache、dalvik-cacheをクリア後、起動するとずーと下の画面のままでbootが終わりません。


cm-9-20120706-NIGHTLY-p1.zipまではパッチ適用後のframework.jarで正常に動作していたにものです。

MVNOデータ専用 SIM パッチを実行する際、
「緊急通報」のモードの入力により正常に起動したりしなかったりするようです。

以下は実行時の入力れいです。
処理対象の Android OS の API Level を指定して下さい
省略時は 14 - Ice Cream Sandwich が使用されます

※入力された値が間違っていても処理は進行しますが
 意図した通りのファイルが生成されるかは不明です

OS Version : APILv : Codename
----------------+-------+------------------------
Android 1.5~ : 3 : Cupcake
Android 1.6~ : 4 : Donut
Android 2.0~ : 5 : Eclair
Android 2.0.1~ : 6 :
Android 2.1~ : 7 : Eclair MR1
Android 2.2~ : 8 : Froyo
Android 2.3~ : 9 : Gingerbread
Android 2.3.3~ : 10 : Gingerbread MR1
Android 3.0~ : 11 : Honeycomb
Android 3.1~ : 12 : Honeycomb MR1
Android 3.2~ : 13 : Honeycomb MR2
Android 4.0~ : 14 : Ice Cream Sandwich
Android 4.0.3~ : 15 : Ice Cream Sandwich MR1
----------------+-------+------------------------
[3-15] 15


パッチの処理モードを選択して下さい

モード : 解説
-------+-------------------------------------------------------
0 : Galaxy シリーズ、Desire シリーズで動作実績があります
: 書き換え箇所は 3, 13
-------+-------------------------------------------------------
1 : Xperia シリーズで動作実績があります
: 書き換え箇所は 2, 12
-------+-------------------------------------------------------
2 : Motorola DROID Pro / DROID 3 で動作実績があります
: 書き換え箇所は 0, 10
-------+-------------------------------------------------------
99 : モード 0 でダメな場合、あるいはモード 1 で
: セルスタンバイの消費が改善されない場合にお試しください
: 書き換え箇所は 2, 3, 12, 13
-------+-------------------------------------------------------

機種に合わせたモードを選択しないと上手く機能しない可能性があります
[0-99] 0


「緊急通報のみ」の表示を無効化する機能が使用可能です
代わりにキャリア名表示が行われるようになるはずです
省略時は 0 - 変更しない が使用されます

※テスト環境が少ないため必ず動くとは限りません
また Android OS 1.5 には「緊急通報のみ」は存在しません

モード : 解説
-------+-------------------------------------------------------
0 : 変更しない
-------+-------------------------------------------------------
1 : 「緊急通報のみ」を無効化します
: ※一部の機種ではこれを選ぶと改変時にエラーが発生します
-------+-------------------------------------------------------
2 : 「緊急通報のみ」を有効化します
: ※常時有効化ではなく改変前の挙動になるだけです
-------+-------------------------------------------------------

[0-2] 1   ・・・ここで0を指定した場合、正常に起動しなくなります。



結局、この「緊急通報」のモードを
0:変更しないから
1:「緊急通報のみ」を無効化します
に変更したら正常にbootが完了するようになりました。


そのおかげで、今までは「緊急通報のみ」と表示されていましたが
「JP DoCoMo - NTT DOCOMO」の表示になりました。


パッチ適用前のframework.jar自体は長いこと(2008年8月から)修正されていないので
あまり気にしていませんでしたが
急に使えなくなるなんて、あせりました。

なお、bootが終わらない状態でもadb shellで接続できるのでframework.jarを入れ替えたり
元に戻すことは可能でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR