スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au IS04のアップデート(5014.1907.43)でroot権限取得








新しい記事を書きました。(2012年10月12日)
au IS04 ベースバンド 5014.1907.43 でroot権限取得


2012年4月26日 auからIS04のアップデートソフトウェア(5014.1907.43)が公開されました。
http://spf.fmworld.net/is04-22/

災害・避難情報が利用可能になるそうです。

そこで、IS04単体でアップデートを試みました。
しかし、rootを取っているせいか正常にアップデートできません。

で、母艦でアップデートファイルIS04_TO_SP_FYRC_4.zipをダウンロードし
解凍したprgフォルダ毎sdcardに転送し
Recovery ModeからSystem updateを実行しました。
アップデート用のダウンロードはここから

その結果、ベースバンドバージョンは5014.1907.43となり、アップデート完了したのですが
root権限は無くなりました。
ただ、アップデート前にroot権限をとっていると
root関連のファイルは一部残っているようです。

共通メーラーそのまま使えました。

でも、toolkit は使えません。

で、Factory data resetを行ってしまうと
一部残っていたroot関連のファイルも消えてしまうのですが
Factory data resetもやってしまいました。
※Factory data resetを行うとメールや連絡先等のデータが全てクリアされます。

【ROM焼き】au REGZA Phone IS04 by TOSHIBA root5
    286 :708 ◆7tMAiyU32171 :2012/05/05(土) 14:10:55.12 ID:Dph6W1Ym
    IS04 root toolkit ver 4.1

    http://www1.axfc.net/uploader/Ne/so/132087
     ・・・ここから「IS04 root toolkit ver 4.1」をダウンロード DLキーは
     ・・・toolkitの一覧を検索するならこちら

    BB43やっちゃった人向けの救済案など含めていますが、
    /data/local.prop が編集可能であることが前提となります。
    /data/local.prop を失ったままBB43となった環境は現状お助けできません。すまぬ。
    詳しいことはドキュメントに盛りましたんでよろしく。

との無情な書込みが
しばらくrootは無理なのかと思い
IS04を使うのを止め、ガラーケーを使用していました。

ところが、286の書込みから数時間後に

    291 :708 ◆7tMAiyU32171 :2012/05/05(土) 19:39:50.97 ID:Dph6W1Ym
    BB43の時代キタかも。人柱カマン

    mv /data/tms/tms.ver /data/tms/tms.ver.bak
    ln -s /data/local.prop /data/tms/tms.ver

    再起動。でlocalpropゲット。
    うまく行ってたら後片付け。

    rm /data/tms/tms.ver
    mv /data/tms/tms.ver.bak /data/tms/tms.ver

えーーーーー
すごいです。
感謝、感謝です。

でも、私がこの書き込みに気付いたのは4月10日でした。orz

簡単に手順をまとめると
1.291の書込みの通りコマンドプロンプトから実行
 (1)
  >adb shell
  $ mv /data/tms/tms.ver /data/tms/tms.ver.bak
  $ ln -s /data/local.prop /data/tms/tms.ver
  
  $ exit

  
 (2)
  IS04再起動 (本体の電源OFF後、電源ON)

 (3)
  >adb shell
  $ ls -l -d /data/local.prop ・・・正常にlocalpropゲットできたか確認

  -rw-rw-rw- system audio 12 2012-05-11 00:10 local.prop
  ・・・正常な場合は下の(4)rm mv のコマンドを実行

  /data/local.prop: No such file or directory
  ・・・(1)の処理が異常だった場合(local.propができなかったらあきらめる)


 (4)
  $ rm /data/tms/tms.ver
  $ mv /data/tms/tms.ver.bak /data/tms/tms.ver


※この処理を実行するためにはAndroid SDK(当然Java JDKも)が動作できる環境が必要になります。

2.IS04 root toolkit ver 4.1
 Wifiオフ、機内モードで実行します。
 詳しくはtoolkitに同梱されているReadMe.txtをよく読んでください。
 (1)root\root_localprop.bat (ver 4.3は root\root.bat)
    ※bat実行途中、step1が終了した時点で表示されたメッセージに従い
    IS04を再起動します。


 (2)extra\extra.bat

これで無事、root権限を取ることができました。
その後、
au IS04で共通メーラーを使う
au IS04の共通メーラーを01.10.09へバージョンアップ
を実施し完了です。

708 ◆7tMAiyU32171
さん
本当に
ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます。
記事読ませて貰ってroot化することが出来ました。
分かりやすい説明ありがとうございました。

Re: タイトルなし

Geen さん

こんばんは。

お役に立てて良かったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: localpropゲット後について

> localpropゲットまでは自分でできました。
> その後からのroot化の方法が分かりません。
> rootkit4.3はダウンロードしました。
> ご指導お願いできますでしょうか。
> IS04の買い替えも考えていますがもう少し頑張ってもらうため
> どうしてもroot取得していじって使える携帯にしたいのです。
>
> よろしくお願いします。

localpropゲット後の処理についてですが

まず、本文(4)の通り
adb shellから
rm /data/tms/tms.ver
mv /data/tms/tms.ver.bak /data/tms/tms.ver
を実行します。


その後、実際に toolkit の実行になります。
基本的な事は解凍した「root_toolkit_is04_v4.3」フォルダの
ReadMe.txt
に書いてあります。
特に、「■事前準備と注意事項」を良く読んでください。

標準的なroot化であると仮定し、要点だけ説明します。

実行前に以下を準備
1.「プリインストールアプリの一括削除・凍結」の修正
 以下のファイルを編集します。
  extra\data_root\script\kill_prein.sh
  
  個人的には電卓は削除しなくてもよいので130行目の先頭に「#」を入れました。
  129 # 電卓 2.2.2
  130 # disable Calculator com.android.calculator2
  
  電卓も必要なければkill_prein.shの編集は必要ないかもしれません。
  他のプリインアプリで消したくないものが有れば先頭に「#」を入れます。

2.is04本体のWi-Fiをオフに
  [設定]-[ワイヤレス設定]からWi-Fiをオフにします。

3.root.batの実行
  以下のファイルをコマンドプロンプトから実行します。
  root\root.bat
  
  注意事項としては「表示される文章を読んでそれに従う」ということです。
  
  例えば、
   例1)
   続行するには GO と入力して [Enter] キーを押してください。
   と表示されたら「go」と2文字入力し [Enter] キーを押します。
   ([Enter] キーのみ入力するとbatが終了します。)
   
   例2
   ★  ここで手動で端末の再起動を行い、起動完了後に  ★
   ★  step 1を再度実行してください。         ★
   と表示されたらis04本体を再起動し、root.batの指示に従います。
  
  他にも色々表示されることがありますので
  良く読まずに[Enter] キーだけ押すと痛い目に合います。
  また、自動で再自動する場合もありますので注意してください。
  
3.extra.batの実行
 以下のファイルをコマンドプロンプトから実行します。
  extra\extra.bat
  
  こちらもroot.bat同様に
  「表示される文章を読んでそれに従う」ということです。

4.導入後対応と確認
  ReadMe.txtに
  「■導入後の注意事項」や
  「■su が正常に機能しているか確認」等が書かれています
  一通り読んで対応します。

5.その他
  コマンドプロンプトのプロパティで
  [オプション]簡易編集モードをチェック
  [レイアウト]画面バッファのサイズ-高さを3000くらい
  に設定すると
  
  表示中の文字を過去のさかのぼってマウスで選択でき
  右クリックでクリップボードにコピーできます。
  
  bat実行中におかしいなと思ったら(bat終了前に)
  表示されたメッセージをテキストファイルに保存しておくと
  後で調べるのが楽になります。

以上です。

Re.Re.Re. localpropゲット後について

詳しいご説明ありがとうございます。
早速試してみたいと思います!

無事完了しました!

私の場合は電卓はいつも持ち歩いてるので
電卓も削除しました!
本当に助かりました!
ありがとうございます!

Re: 無事完了しました!

root化、成功おめでとうございます。

よかったですうね。

何度もすいません。。。

もう一つよろしいでしょうか?w

Marijuanaさんのサイトよりダウンロードして

オーバークロックを行ったのですが

オーバークロック出来ているか確認する方法はございますか?

Re: 何度もすいません。。。

オーバークロックの設定、確認は
Google Playから以下のアプリを入れることにより
実現できます。
「No-frills CPU Control」
「SetCPU for Root Users」有償¥169
アプリを起動し
998MHz以上のクロックが設定できれば
オーバークロックカーネルが機能していることになります。

ただ、Marijuanaさんのサイトの
「is04ocboot.7z」はroot化の処理も入っています。
従いまして、一部、rootkitの処理とダブっています。
どのようにカーネルを焼いたか不明ですが
大丈夫でしょうか?

また、rootkitのextra.batにもカーネルを焼く機能があり
extra.bat実行前に
「extra\boot」フォルダに
カーネルのイメージファイルを複数格納しておくと
実行時、どのカーネルを焼くか選択できます。
あらかじめ入っている「is04normal.img」はノーマルのカーネルです。
(step 5でイメージファイルを焼いています)

Re: 何度もすいません。。。

補足です。

rootkitでroot化すると

ISTweak

というアプリが入ります。

この、ISTweakでオーバークロックの設定ができるようです。

Re:Re: 何度もすいません。。。

なるほどー!
おかしくなってたらいけないんで(笑)
初期の状態に戻して試してみます!

Re:Re: 何度もすいません。。。

extraの方にmarijuanaさんのカーネル入れ込んで焼きました!
めちゃくちゃ速いですねー!
これであと半年は頑張ります♪

No title

root化しようとしたところ・・・adb shell と入力し、そのご再起動し確認、そこからroot.datを起動しようとしたところ

find.exe は内部コマンドまたは外部コマンド、操作加納なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。 find.exeを探し、パスの通った場所に配置してから再度実行してください。 となってしまいます・・・どうしたらいいでしょうか(´;ω;`)

あと最初によくわからずroot.datを起動したところできたのですが、 /data/root/bin などと表示されるはずの変更後のファイル名のところが au: permission denied に全て変わっていました。そこで 改めて手順を踏んで やったところ↑の最初に述べたような症状になりました・・・(´;ω;`)どうかお助けをお願いします(ToT)

Re: No title

みな さん

まず、
> find.exe は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

ですが、「find.exe」はWindowsに標準で入っているファイルで、
Windows XPでは「C:\WINDOWS\system32」にそんざいしています。

コマンドプロンプトから「path」と入力すると
C:\Documents and Settings\user>path
PATH=C:\WINDOWS\system32;C:\WINDOWS;C:\WINDOWS\System32\Wbem; ・・・以降省略

と表示され、通常、パスが通っているはずです。

それが
「内部コマンドまたは外部コマンド・・・」と表示されるのはパソコン側の環境が正しくないことを意味します。
この状態ではどんなアドバイスを行ってもroot化は難しいのではないかと思います。

今、使用しているパソコンの環境を正しくするか、
正しく動くパソコンで実行する必要があります。

No title

お早い回答ありがとうございます!findのところにおいて起動したらいけましたが。
起動したのはいいのですが、全てau: permission deniedになるのはどうしても治らないです・・・(´;ω;`) もう無理なのでしょうか(ーー;) 度々申し訳ありません;;

Re: No title

パソコンの環境がおかしいようなので
まず、その環境を正しくすることが大切だと思います。

No title

サイトを参考にさせていただいております。
au: permission deniedは私も出ました。
cドライブ直下など権限管理が厳しい場所でやっていると起こる。
もしくは、仮ルート取得後の再起動後にUSB接続モードを高速転送モードにし忘れてもなる。
取り合えず、駄目な場合は再起動し再度一から、やって見ると解決するかもしれません。

Re: No title

コメントありがとうございます。

いまだに、
IS04関係で当サイトに来ていただいている方も
多くいらっしゃいます。

これからもよろしくお願いします。
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。