スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Galaxy Tab SC-01C 完全文鎮からの復活





Galaxy Tab SC-01C 完全文鎮からの復活

heimdallに失敗しGalaxy Tabが完全文鎮状態になりました。
電源が全く入りません。

もちろん、ダウンロードモードにもなりません
っていうか、画面には何も表示しません。
下の4つのメニュー・ホーム・バック・検索ボタンのランプも点灯しません。

母艦に接続するとデバイス マネージャの表示は
「SEC S5PC110 Test B/D」

Google先生にを聞くと、「復旧不可能な完全文鎮状態」
との悲しい答えが返ってきます。

しかし、なんとhttp://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1312391&page=10に
[GSM] P1000 GTab Dev Platform AKA UnBrickable Mod And Software Resurection - Page 10 - xda-developers
に復旧する方法があります。

ただし、英語で記述されているので分かりにくいです。

そこで、ちょっと説明を補足します。
分解の方法は他を参照してください。

目的のチップ抵抗は金属カバーで覆われています。
金属カバーを外すには裏側の4箇所のねじを外します。


「抵抗xOM5を外し、xOM0とxOM5を短絡(結線)する」とありますが
かなり細かい作業で凡人には難しいです。
私ごとですが老眼がはいってきた私の視力では注視するのもつらいです。
こんな視力ではどのチップ抵抗に半田ごてを当てているかもよく見えません。
抵抗xOM5はなんとか外せましたが
xOM0とxOM5を短絡(結線)するなんて不可能です。

本当にチップ抵抗を外す必要があるのか分かりません。
未確認ですが、もしかしたら、抵抗を外さず、そのままでもツールを実行しても復旧できたのではないかと思っています。


■ツールの実行方法
手順を日本語に訳してみました。(参考程度に)
1.良い友達(感謝イワンDZ)

2.偉大な手... (または友人のもの!)

3.(半田ごての加工方法)写真のように半田ごてを加工した方が容易に作業できるでしょう
半田ごての先の形状にもよりますが

4.チップ抵抗xOM5を外す

5.チップxOM0とxOM5を短絡(結線)する

6.その後、Galaxy TABを組み立てる

7.Ubuntu上で「Ultimate UnBrickable Resurrector」を実行する
# java -jar UnBrickableResurrectorR40.jar

8.pcにGalaxy TABを接続する

9.新しいハードウェアの検出"SEC S5PC110 Test B/D"が表示されます

10.(あなたのタブは、ダウンロードモードになって数秒で [Perform Resurrection - Download Mode]をクリックする。UnBrickableResurrectorR40のウィンドウ上部にDownload Mode画面が表示される。ただし、TAB本体の画面にはなにも表示されない場合がある

11.これで、タブは、ダウンロードモードになる!TABを取り外さないでください!
もし、TABを取り外すとDownload Modeでなくなります。

12.Heimdall One-Clickを実行する
# java -jar GalaxyTabP1000-JQ1-One-Click.jar

13."Flash"をクリックする

14.再度、上記10-13を実行するとと [Flash Bootloaders]をチェックできる状態になるのでクリックする!


15.[Flash Bootloaders]をチェックし...待って...

16.これで、あなたのTABは復活です!! (stock GB Romを実行している!)

※補足説明
[Flash Bootloaders]のチェックですが初回起動の状態では非活性状態(薄い表示)でチェックできません。
上記14.の通り10-13を繰り返し実行する必要があります。
具体的な方法としては

ターミナル(端末)を2つ開き、UnBrickableResurrectorR40.jarとGalaxyTabP1000-JQ1-One-Click.jarを同時に起動できる様にする。
1度実行した後も、ツールを終了させず、起動したままにし、2度(2周)実行することで2度目は[Flash Bootloaders]をチェックすることができ、正常にDownload Modeにできました。この状態でようやくGalaxy TABの画面が表示されるようになります。

16.まで完了したら取り外してもOKなのでOdin3等でROM焼きをします。
私は取りあえずOvercome v4.1を焼いて
Galaxy Tab SC-01CでOvercome v4.1で日本通信b-mobile simやIIJmioのsimを使う

完全文鎮から復旧できたのですが...
続きはまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

xOM5は、元に戻す?

大変参考になります。
ところで、OSが無事動いたのちに、ジャンパーやxOM5は元のとおりに戻すのでしょうか?

Re: xOM5は、元に戻す?

> 大変参考になります。
> ところで、OSが無事動いたのちに、ジャンパーやxOM5は元のとおりに戻すのでしょうか?

こんばんは

私が実施した状況ですが
抵抗xOM5を外した状態です。
ジャンパーもしていません。
あまりにも細かい作業で途中でくじけてしまい、短絡もしていません。

この状態で復旧させました。現状CM9で使用中です。

記事にも書きましたが、もしかしたら、抵抗もはずさなくても(何もしなくても)良かったかも知れません。
もう、試せませんが。

「元のとおりに戻すのか?」についてですが
戻す必要はないと思います。
そのような記述はありませんし、
技術的に抵抗を付けるのは不可能だと思います。

Re: xOM5は、元に戻す?

了解です。
まずは、ショートもなにもせずにためしてみましょうかね。
既に分解しちゃっていますが。。。
CM9が使えるのが魅力です。
がんばります!

Re: xOM5は、元に戻す?

抵抗をいじらずに試してみましたが、結果は芳しくありませんでした。
後日抵抗を外してためしてみようと思います。

Re: Re: xOM5は、元に戻す?

> 抵抗をいじらずに試してみましたが、結果は芳しくありませんでした。
> 後日抵抗を外してためしてみようと思います。

そうでしたか。
貴重な情報ありがとうございました。

こちらのおかげで直りました!

初めまして。初めてのカスタムROM導入で見事に失敗して、電源も入らない状態になって途方にくれてましたが、こちらのサイトの通りに行って、なんとか電源が入るところまでたどり着けました。

うまくいかないという情報もありましたが、半田ごての結線は行わず、Ubuntuによるソフトの作業のみで起動できるところまで到達できましたので、ご報告まで。Ubuntu12 LiveCD版で実施しました。




Re: こちらのおかげで直りました!

げんさん

こんにちは

お役に立てて良かったです。

私も他で「復旧不可能な完全文鎮状態」との記事を見たときは
「ガーン」でした。

原文のサイトも英語の文章で、
正直、最初は何を言っているのか良く分かりませんでした。

ubuntuでの操作も良く分からないし。(特に、2周する所とか)

抵抗外しも細かい作業だし。
(あんまり、細かすぎて外した抵抗がどこに飛んで行き、消えてしまいました)

それと、分解時にタッチパネルのフラットケーブルを破損するし...

でも、復活してCM9を入れて現役で使っています。

本当に良かったですね。

No title

私も先ほど、ようやくxOM5をはずし、xOM0とジャンパーを飛ばすことに成功しました。
これから、インストールです。

No title

管理人様

GalaxyTabP1000-JQ1-One-Click.jar

ってお持ちでしたらお分け頂く事は出来ませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

No title

お騒がせいたしました。
対象のファイルが見つかりました。
ありがとうございました。
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。