au IS04で共通メーラーを使う

au IS04で共通メーラーを使う







以前から
【ROM焼き】au REGZA Phone IS04 by TOSHIBA root4
ここで話題に出ていた共通メーラー
試してみたいなと思っていました。
ガラケーでE-Mailを受信してもパケット代はかからないのに
スマートフォンで3G経由でE-Mailを受信するとそれだけで
1日1000パケットくらい使って
月31日だと31000パケットも
ダブル定額の下限40,000にあと少し

なので、しばらくIS04はほとんど使わず
ガラケーをメインで使用していました。
でも
共通メーラーを入れるとsimが入っていて、かつ、wi-fi接続環境があれば
3G接続しなくともE-Mailが受信できるそうで
試して見たいと思っていました。
でも、試して見るにはいくつかのapkファイルが必要になります。
探してみたけど、なかなか見つからず
なかばあきらめていました。

10 :SIM無しさん:2012/01/12(木) 11:39:59.64 ID:X66Sywka
root化してau共通メーラを使いたい人のために。

・au共通メーラはノーマルカーネルでも使用可能。カスタム必須は誤報。

・au共通メーラは設定時にのみ libdss.so のルールに引っかかる。
 (初期設定、アドレス変更・その他の設定など、サーバとの通信が必要な設定全般)

・設定が済んでいれば、libdss.so が元に戻っていても「送受信」は普通に可能。

※手順
AuManagementSystem.apk
com.kddi.android.email-2.apk
DEmojiProvider.apk
emailprov.apk
EmojiDisplayProvider.apk
をインスコ
fumi-koyomi.apkを削除(リネームや移動)
kickmailをインストール

ttp://loda.jp/is04/?id=143
のステップ3まで実行

標準メーラのデータ移行は310氏のこれを使ってやる。
ttp://loda.jp/is04/?id=151
・emlをドラッグすると元ファイルのフォルダにvmgが作成
・emlはis04メーラでエクスポートしたもの(2通りのバックアップ方法があるので注意)
・sentboxをONにするとSENTBOX属性でvmgを作成
・ドラッグじゃなくてフォルダを選んでその中のファイルを全て変換することもできるようにしました。
(選んだフォルダの中身が、*.emlだけじゃないとおかしくなるかも知れないです)

使用上の注意
・バックアップを取って作業する
・不利益を得たとしても、自己責任


ところがある日

787 :SIM無しさん:2012/03/05(月) 22:32:36.28 ID:3Fu7+dwd
>>785
http://blog.livedoor.jp/kz_gin/lite/archives/3532885.html
たぶん丸ごと
見てないけど


おw

ありがとうございます。

これで試せます。


■1.必要なファイルのダウンロード

(1)rootツールキット(場所は【ROM焼き】au REGZA Phone IS04 by TOSHIBA rootスレで)
   参考記事:au IS04のアップデート(5014.1907.43)でroot権限取得
(2)ISW11SC、IS06使用中さんからISW11SCのバックアップがダウンロードできます。また、
   SamMobile.com | Everything for your Samsung Mobile | SamMobileここから ISW11SC の ISW11SCKDLG2 をダウンロードしてもOKです。
(3)KickKmail2.zip(IS06アップローダ)


(2)は落とした2つのrarファイルを同じフォルダに入れて解凍すると
以下のファイルが解凍されます。


C:\ISW11SCKDLB3>dir
ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
ボリューム シリアル番号は 8407-8B4B です

C:\ISW11SCKDLB3 のディレクトリ

2012/03/23 10:23 <DIR> .
2012/03/23 10:23 <DIR> ..
2012/02/28 01:14 779,428,620 factoryfs.img
2012/02/28 01:14 4,096 isw11sc.pit
2012/02/28 01:14 16,777,216 modem.bin
2012/02/28 01:14 8,388,608 param.lfs
2012/02/28 21:43 372 Readme.txt
2012/02/28 01:09 88,783 system.md5sum.txt
2012/02/28 01:14 8,388,608 zImage
7 個のファイル 813,076,303 バイト
2 個のディレクトリ 103,113,482,240 バイトの空き領域


このfactoryfs.imgの中に目的のファイル群がが入っています。
AuManagementSystem.apk
com.kddi.android.email-2.apk
DEmojiProvider.apk
emailprov.apk
EmojiDisplayProvider.apk

この内、
com.kddi.android.email-2.apk
は見つかりませんでしたが
代わりに
com.kddi.android.email.apk
でOKでした。

■2.factoryfs.imgの展開
factoryfs.imgの展開の方法は過去記事Android factoryfs.img を展開するを参照に。

■3.rootツールキット適用
ダウンロードしたrootツールキットを解凍し
出てきたReadMe.txtをよく読んでツールキット適用します。

■4.共通メーラーインストール
factoryfs.imgの展開で固めたファイルを解凍し必要なapkをインストールします。

D:\Android\IS04\mail\soft\app\temp\app>adb install AuManagementSystem.apk

D:\Android\IS04\mail\soft\app\temp\app>adb install com.kddi.android.email.apk

D:\Android\IS04\mail\soft\app\temp\app>adb install DEmojiProvider.apk

D:\Android\IS04\mail\soft\app\temp\app>adb install emailprov.apk

D:\Android\IS04\mail\soft\app\temp\app>adb install EmojiDisplayProvider.apk


fumi-koyomiのバックアップ

D:\Android\IS04\mail\soft\app\temp\app>adb shell
$ su
su
[@IS04 /]# find / -name fumi-koyomi.apk -print
/system/app/fumi-koyomi.apk
[@IS04 /]# mv /system/app/fumi-koyomi.apk /system/app/fumi-koyomi.apk.bak
[@IS04 /]# exit
$ exit

KickKmailのインストール

D:\Android\IS04\mail\soft\KickKmail2>adb install KickKmail.apk



■5.共通メーラーの初期設定
auのSIMをIS04に挿して起動し
Eメールを立ち上げ初期設定を行います。

これをタップすれば共通メーラー初期設定が起動します。


初期化に失敗する場合は
/system/lib/libdss.soを母艦に転送し、
バイナリーエディター(Bz162等)で32 34(文字は24)を33 32(文字は32)に
一時的に置き換えた状態で初期化します。
※編集(修正)は置き換えです。修正前後のサイズは変わりません。
初期化が完了したらlibdss.soを元に戻します。

以下はIS04バージョン5014.1907.43でのlibdss.so修正例です。
24を検索すると見付け易いです。


図は受信振り分け用のフォルダを作成した状態です。


SIMが挿してあればWiFi接続でメールが受信できるようになりました。



関連記事

au IS04 ベースバンド 5014.1907.43 でroot権限取得
au IS04のアップデート(5014.1907.43)でroot権限取得
au IS04の共通メーラーを01.10.09へバージョンアップ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> build.propをいじってからベースバンドバージョン不明、通信サービス停止となってしまいSDカードにバックアップとしておいてあるものを導入しなおし、再起動してもsystem内からbuild.propが消えてしまいます
>
> どうすればいいでしょうか?
こんばんは

どのようにしてSDカードにバックアップしたのでしょうか?

また、
# ls -l /system
実行後、どのように表示されますか?

libdss.so を /system/lib に書き込む方法がわかりません

たっきーさん
はじめまして。
どうしてもlibdss.soを/system/libに書き込めないので書き込む方法を教えていただけないでしょうか?
IS04のrootは取得済みの状態です。
libdss.soはBz162で修正して/sdcardに配置しています。
ESファイルエクスプローラー(スーパーユーザー権限取得)の「・・・・にコピーします」で/sdcard/libdss.soを/system/libに上書きすると「libdss.soのコピーに失敗しました」表示されてしまいます。
Hex Editor(スーパーユーザー権限取得)で直接/system/lib/libdss.soを修正してもやはり上書き保存ができません。
何かよい方法がありましたら教えていただけるとうれしいです。

Re: libdss.so を /system/lib に書き込む方法がわかりません

IS04ユーザー さん

こんばんは

http://takiza.blog39.fc2.com/blog-entry-52.html
au IS04の共通メーラーを01.10.09へバージョンアップ

この記事の「■2.build.propのコピー」にコピーの手順が書いてあります。

コピー先が「/system/lib/」と「/system/」の違いはありますが
コピー前に
mount -o rw,remount /system
で書き込み可能になります。


Re(2) libdss.so を /system/lib に書き込む方法がわかりません

たっきーさん
コメントありがとうございます。

mountコマンドを実行すると下記のように権限がないといわれてしまいます。
----------------------------------------------------------
# mount
mount
rootfs / rootfs rw,relatime 0 0
tmpfs /dev tmpfs rw,relatime,mode=755 0 0
devpts /dev/pts devpts rw,relatime,mode=600 0 0
proc /proc proc rw,relatime 0 0
sysfs /sys sysfs rw,relatime 0 0
/dev/block/mtdblock1 /system yaffs2 ro,relatime 0 0
/dev/block/mtdblock4 /data yaffs2 rw,nosuid,nodev,relatime 0 0
tmpfs /sphinx_tmp tmpfs rw,relatime 0 0
tmpfs /mnt/asec tmpfs rw,relatime,mode=755,gid=1000 0 0
/dev/block/mtdblock2 /cache yaffs2 rw,nosuid,nodev,relatime 0 0
/dev/block/vold/179:1 /mnt/sdcard vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relatime,u
id=1000,gid=1015,fmask=0702,dmask=0702,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset
=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
/dev/block/vold/179:1 /mnt/secure/asec vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relat
ime,uid=1000,gid=1015,fmask=0702,dmask=0702,allow_utime=0020,codepage=cp437,ioch
arset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
tmpfs /mnt/sdcard/.android_secure tmpfs ro,relatime,size=0k,mode=000 0 0
#

# mount -o rw,remount /system
mount -o rw,remount /system
Usage: mount [-r] [-w] [-o options] [-t type] device directory
#

# mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock1 /system
mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock1 /system
mount: Operation not permitted
#
----------------------------------------------------------
ESエクスプローラー、Titnium backup PRO、Hex Editorなどはsuperuser権限になってるんですすが、rootの取得が不完全ってことなのでしょうか?

Re: Re(2) libdss.so を /system/lib に書き込む方法がわかりません

以下は私is04での実行結果です。

localhost / # which mount
/data/root/bin/mount
localhost / # ls -l /data/root/bin/mount
lrwxrwxrwx 1 shell shell 22 Jul 2 04:23 /data/root/bin/mount -> /data/root/bin/busybox
localhost / # find / -name mount -print
/system/bin/mount
/data/root/bin/mount
localhost / # /data/root/bin/mount -o rw,remount /system
localhost / # /system/bin/mount -o rw,remount /system
Usage: /system/bin/mount [-r] [-w] [-o options] [-t type] device directory
localhost / # busybox mount -o rw,remount /system
localhost / #

mount でUsageが表示されるのはbusyboxのmountが動作していないようです。

> # mount -o rw,remount /system
> mount -o rw,remount /system
> Usage: mount [-r] [-w] [-o options] [-t type] device directory

下の様にbusybox を付けて実行するとどうなりますか?

localhost / # busybox mount -o rw,remount /system
localhost / #

Re(4) libdss.so を /system/lib に書き込む方法がわかりません

たっきーさん

こんばんは。
なかなか時間がなくて試すことができませんでしたが、root_toolkit_is04_v4.3の
root.batとextra.batを再度実行したらmountできるようになりました。

# busybox mount -o rw,remount /system
busybox mount -o rw,remount /system
# mount
mount
rootfs / rootfs ro,relatime 0 0
tmpfs /dev tmpfs rw,relatime,mode=755 0 0
devpts /dev/pts devpts rw,relatime,mode=600 0 0
proc /proc proc rw,relatime 0 0
sysfs /sys sysfs rw,relatime 0 0
/dev/block/mtdblock1 /system yaffs2 rw,relatime 0 0
/dev/block/mtdblock4 /data yaffs2 rw,nosuid,nodev,relatime 0 0
tmpfs /sphinx_tmp tmpfs rw,relatime 0 0
tmpfs /mnt/asec tmpfs rw,relatime,mode=755,gid=1000 0 0
/dev/block/mtdblock2 /cache yaffs2 rw,nosuid,nodev,relatime 0 0
/dev/block/vold/179:1 /mnt/sdcard vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relatime,u
id=1000,gid=1015,fmask=0702,dmask=0702,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset
=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
/dev/block/vold/179:1 /mnt/secure/asec vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relat
ime,uid=1000,gid=1015,fmask=0702,dmask=0702,allow_utime=0020,codepage=cp437,ioch
arset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
tmpfs /mnt/sdcard/.android_secure tmpfs ro,relatime,size=0k,mode=000 0 0
#


sdcardにコピーしてBz1.62でlibdss.so内のiptablesを111.86.144.0/24から111.86.144.0/32に修正して上書き保存しました。


<libdss.so 編集前>

# iptables -L
iptables -L
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
DROP all -- anywhere 111.86.144.0/24 ! owner UID match system
DROP all -- anywhere 219.125.147.0/26 ! owner UID match aqq_012
DROP all -- anywhere 219.108.157.192/27 ! owner UID match aqq_012
DROP all -- anywhere 118.159.132.0/27 ! owner UID match aqq_012
DROP all -- anywhere 061204042130.rev.datacenter.ne.jp ! owner UID match netapplication


<libdss.so 編集後(IS04再起動)>

# iptables -L
iptables -L
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
DROP all -- anywhere 111.86.144.0 ! owner UID match system
DROP all -- anywhere 219.125.147.0/26 ! owner UID match aqq_012
DROP all -- anywhere 219.108.157.192/27 ! owner UID match aqq_012
DROP all -- anywhere 118.159.132.0/27 ! owner UID match aqq_012
DROP all -- anywhere 061204042130.rev.datacenter.ne.jp ! owner UID match netapplication


この状態でメール初期設定を実施しましたが「接続できません。しばらくたってからリトライしてください。」と表示されてしまいます。
111.86.144.0の直後に/32の表記がありませんが問題ないでしょうか?


アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR