Galaxy Tab SC-01C をovercome v4.1からICS/CM9にしました

Galaxy Tab SC-01C をovercome v4.1からICS/CM9にしました




ICSを使ってみたくなりovercome v4.1からICS/CM9にしました。

手順は

■Android 2.3に戻す
注意:本体(/sdcard)は初期化されます。必要なファイルは事前に別の場所に保存しておきましょう。
  1. Odin3でダウンロードモードにしたTABを接続し
    CF-Root-TAB7_XX_OXA_JQ1-v3.3-CWM3RFS.tarを
    レ[Re-Partition](チェック)で焼く
    なお、正常に書込み完了後も
    TABはそのままダウンロードモードになっています。

  2. SC01COMKE2_SC01CDCMKE2_SC01COMKE2_HOME.nazo.tar
    この状態で、さらにOdin3をResetし
    CF-Root-TAB7_XX_OXA_JQ1-v3.3-CWM3RFS.tar
    を焼きます。(過去の記事を参考にhttp://takiza.blog39.fc2.com/blog-entry-34.html)

これで戻りました。
ただし、ブートローダーロックの解除をしており、boot画面はDOCOMOでなくGalaxy Tabの表示のままです。

なお、起動しなくなっても、overcome v4.1で焼いた
PIT:「gt-p1000_mr.pit」
PDA:「GB_Stock_Safe_v5.tar」
PHONE:「JPZ Modem\modem.bin」
[レ]Re-Partition のチェックを確認
を焼くとたいていは復活しました。

■ICS/CM9 Kernel - CM9 ROMを焼く
最新の手順はGalaxy Tab SC-01C ICS/CM9 - CyanogenMod 9にしましたを参照ください
以下のファイルを準備
HumberOS: Android ICS
  1. CM9-SGT7-TE4M-RC0.20120202.zip
  2. P1000-CM9-HumberOS-Kernel-20120130.zip
  3. GApps-v11
  4. さらにxda-developers - View Single Post - [ROM][NIGHTLY-BUILDS][CM9]
    slim_build_02242112.zipを焼きます。


  1. Copy all files ( ROM + Kernel + GApps) to sdcard

  2. /system/build.propを編集し「SC-01C」から「GT-P1000」に偽装

  3. Recovery Modeを起動

  4. Install ROM CM9-SGT7-TE4M-RC0.20120202.zip (完了してもrestartしない)

  5. Install Kernel P1000-CM9-HumberOS-Kernel-20120130.zip (完了してもrestartしない)

  6. Install GApps-v11 (完了後restart)


  7. 更にRecovery Modeを起動しslim_build_02242112.zipを焼く



■日本通信b-mobile U300 simが使えるようにする
Galaxy Tab SC-01C でOvercome v4.1で日本通信b-mobile U300 simが使えない
と同様の手順で
/system/framework/framework.jar
を修正します。
ただし、OS Versionは15になります。

OS Version : APILv : Codename
----------------+-------+------------------------
Android 1.5~ : 3 : Cupcake
Android 1.6~ : 4 : Donut
Android 2.0~ : 5 : Eclair
Android 2.0.1~ : 6 :
Android 2.1~ : 7 : Eclair MR1
Android 2.2~ : 8 : Froyo
Android 2.3~ : 9 : Gingerbread
Android 2.3.3~ : 10 : Gingerbread MR1
Android 3.0~ : 11 : Honeycomb
Android 3.1~ : 12 : Honeycomb MR1
Android 3.2~ : 13 : Honeycomb MR2
Android 4.0~ : 14 : Ice Cream Sandwich
Android 4.0.3~ : 15 : Ice Cream Sandwich MR1
----------------+-------+------------------------
[3-15] 15

モード : 解説
-------+-------------------------------------------------------
0 : Galaxy シリーズ、Desire シリーズで動作実績があります
: (書き換え箇所は 3, 13 )
-------+-------------------------------------------------------
1 : Xperia シリーズで動作実績があります
: (書き換え箇所は 2, 12 )
-------+-------------------------------------------------------
2 : Motorola DROID Pro / DROID 3 で動作実績があります
: (書き換え箇所は 0, 10 )
-------+-------------------------------------------------------
99 : モード 0 でダメな場合、あるいはモード 1 で
: セルスタンバイの消費が改善されない場合にお試しください
: (書き換え箇所は 2, 3, 12, 13 )
-------+-------------------------------------------------------

機種に合わせたモードを選択しないと上手く機能しない可能性があります
[0-99] 0


モード : 解説
-------+-------------------------------------------------------
0 : 変更しない
-------+-------------------------------------------------------
1 : 「緊急通報のみ」を無効化します
: ※一部の機種ではこれを選ぶと改変時にエラーが発生します
-------+-------------------------------------------------------
2 : 「緊急通報のみ」を有効化します
: ※常時有効化ではなく改変前の挙動になるだけです
-------+-------------------------------------------------------

[0-2] 1 ・・・2012/09/05 「0」から「1」に変更 「1」を指定してください。



■使ってみて
  1. ブラウザのクイックコンソールが便利
    Android 3.1から搭載されたブラウザのクイックコンソールが使えて
    あまり、指を動かさなくてもある程度操作ができて便利です。





    ブックマークの登録は
    「ブックマーク」-「履歴」で右の☆や★をタップします。

    ☆をタップすると登録画面になり名称を入力し[OK]で登録完了し履歴の表示は★に
    ★をタップすると削除になり履歴の表示は☆に
    なります








  2. SDCARDの名称は/mnt/emmc/になります。



  3. 日本語フォントの追加
    そのまでは日本語表示がおかしいので日本語フォントを入れます。

    ICSではフォントを/system/fontsに入れただけでは有効になりません。
    フォントを/system/fontsに入れた後に
    /system/etc/の中のfallback_fonts.xmlを編集し以下の行を追加する必要があります。

    <family>
    <fileset>
    <file>DroidSansJapanese.ttf</file>
    </fileset>
    </family>




  4. USB接続でPCとファイル転送を行う方法
    USB Mass Storage Watcher OTGをAndroid マーケットからインストールします。



    USB Mass Storage Watcher OTGをを起動し
    「Turn on Usb Mass Storage」をタップすればUSB接続でPCとファイル転送が有効になります。



    USB Mass Storage Watcher OTGでは内部のファイルとSDCARDの両方がアクセスできます。



    同様なアプリに「USB Mass Storage Toggle」が有りますがこちらではSDCARDの方は接続できませんでした。

  5. カメラは使用できません
    ICS/CM9 Kernel - CM9 ROMのホームページにも書いてありますが
    カメラ(バーコードリーダーも)が使えません。起動すると激しい手振れ状態になります。



SetCPUで1400MHzでOC運用中です。
電圧も下げています。


OKボタン、キャンセルボタンが左右逆に



好みにもよりますが、bootanimationが派手すぎだったので
/system/media/bootanimation.zipを削除しました。



削除後は以下の画像になります。


ICS/CM9はそのままテザリングもOKです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR