スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CF-T5のSSD換装#3


CF-T5のSSD換装#3
CF-T5のSSD換装#3 ほぼ解決編






以下の前提で説明しています。

  1. コピー元HDDは/dev/sdbでリカバリー領域は2番目のパーティションに存在する

  2. コピー先SSDは換装済みの状態でデバイス/dev/sdaの4番目のパーティションコピーする
    (コピー先パーティションは4番目でないとmakebeer、recvmode がうまく動作しません)

  3. 「MigrateEasy7.0」などの有償のツールは使用しません

    【注】
    USBメモリーからKNOPPIXを立ち上げた場合はコピー元HDDが異なるデバイス名で表示される
    場合があります

    デバイスを間違えないよう「fdisk -l」を実行し十分注意を行ないながら実施します

    実施はあくまで、自己責任で


0.準備
  1. SSD CSSD-PNM64WJ2
  2. ブート可能な外付けUSB光学ドライブ、または、USBメモリーにKANOPPIXをインストールしたもの
  3. ブート可能な外付けフロッピードライブ
  4. USB-HDDケース(2.5インチIDEのHDDをUSB接続する)
  5. KNOPPIX(http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/)を焼いたCD
    USBメモリーを使用する場合は別のPCを利用し、あらかじめ、USBメモリーにKANOPPIXをインストールします。
  6. 今回はKNOPPIX v6.4.4を使用しました。
  7. 起動用フロッピーディスク「MS-DOS の起動ディスクを作成する」でフォーマットしておく。
  8. パーティションテーブル修正用保存先
    (USBメモリー等、USBメモリーにKANOPPIXをインストールした場合そこに書き込めます)

1.SSDを初期化
    コピー先SSDを初期化する場合に実施します。
    4つ目のパーティションが未使用でSSDの後方に3GBの空きがあれば
    初期化する必要はありません。

    以前、SSDを別のLet's Note等に使用していて、既に4つ目のパーティションが非可視化されている場合は
    c:\util\oxp\tools\showRHDD.jsを実行し、あらかじめパーティションの可視化を実施してください。

    ◎knoppixを立ち上げ

    以下のどちらかを実施
    ■SSDの全てのパーティションを削除する場合
    > su
    # dd if=/dev/zero of=/dev/sda count=1

    ■4つ目のパーティションのみを削除する場合は
    > su
    # fdisk /dev/sda
    d   ・・・区画を削除
    4   ・・・4番目

    w



2.領域の確保&パーティションタイプ設定(c:W95 FAT32)
    ■コピー元HDD情報
    255 heads, 63 sectors/track, 9729 cylinders

    リカバリーDtoDパーティション情報
    /dev/sdb2 9338 9729 3148740 c W95 FAT32 (LBA)

    パーティション位置
    10進数  16進数リトリエンディアン
     9338     39CD F008

    上記から必要なサイズは392(9729-9338+1)

    ■コピー先SSD情報
    255 heads, 63 sectors/track, 7783 cylinders
    である場合、コピー先のパーティションとして7392から7783までを確保すれば良い。

    従ってコマンドは
    ◎knoppixから
    > su
    # fdisk /dev/sda
    n   ・・・新しい区画を作成
    p   ・・・パーティションの
    4   ・・・4番目
    7392
    7783

    t   ・・・タイプの変更
    4   ・・・4番目のパーティション
    c   ・・・W95 FAT32 (LBA)

    w   ・・・テーブルを書き込んでfdiskを終了


3.ddによるコピー
    ◎knoppixから
    knoppix@Knoppix:~$ su
    root@Knoppix:/ramdisk/home/knoppix# fdisk -l

    Disk /dev/sda: 64.0 GB, 64023257088 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 7783 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    Disk identifier: 0xc0320231

    Device Boot Start End Blocks Id System
    /dev/sda1 * 1 3264 26218048+ 7 HPFS/NTFS
    /dev/sda2 3265 7391 33150127+ 7 HPFS/NTFS
    /dev/sda4 7392 7783 3148740 c W95 FAT32 (LBA)
    ~~~~

    Disk /dev/sdb: 80.0 GB, 80026361856 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 9729 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    Disk identifier: 0x10bf360e

    Device Boot Start End Blocks Id System
    /dev/sdb1 * 1 3264 26218048+ 7 HPFS/NTFS
    /dev/sdb2 9338 9729 3148740 c W95 FAT32 (LBA)
    ~~~~

    root@Knoppix:/ramdisk/home/knoppix# dd if=/dev/sdb2 of=/dev/sda4 bs=4096



4.パーティション位置修正
    まったく同じサイズのHDD,またはSSDにコピーする場合は不要です。

    「IBM PC-DOS 7.1」は自身のパーテションの位置をパーティション内のブートセクターに持っていて
    実際のパーテションの位置とブートセクターの値が異なる場合
    画面に「Boot failure」を表示し
    PC-DOSの起動が失敗(ストップ)します。


    このパーテションの位置を正しく修正すると「IBM PC-DOS 7.1」が正常に起動します。


    修正の流れは以下の通りです。
    1. パーティションの先頭セクターをファイルに書き出す(ddコマンド)
    2. そのファイルをバイナリーエディタで編集し、正しいパーテションの位置に修正する(バイナリエディタ)
    3. 修正したファイルをパーティションの先頭セクターに書き込む(ddコマンド)



    1. 修正用ファイル吐き出し
      USBメモリでKNOPPIXを立ち上げると
      mountすることでUSBメモリのファイルを書き込むことができます。
      他にも、フロッピーをマウントしフロッピーにファイルを書きこむこともできます。

      ◎knoppixから
      「work.img」の名前で1セクター分をファイルに出力します。

      > su
      # dd if=/dev/sda4 of=work.img count=1


    2. パーテション位置修正
      バイナリエディタで開始位置を修正します。
      > su
      # khexedit work.img

      (CF-T5のSSD換装#4で「hexedit」を利用する方法を説明しています)

      設定する値はKNOPPIXに付属するOpenOfficeのCalcまたはMS OfficeのExcelで新しいブックを開き
      以下の式をA1以外のセルに貼り付け
      A1に「fdisk -l」で表示された開始位置(例えば7392)を入力するとバイナリエディタで修正すべき値が
      表示されます。



      OpenOfficeのCalcの画面(上の式をB2セルに貼り付けています)


      ■修正前の開始位置 9338(39 CD F0 08)
      0000:0000 eb 58 90 49 42 4d 20 20 37 2e 31 00 02 08 20 00 ?X.IBM 7.1... .
      0000:0010 02 00 00 00 00 f8 00 00 3f 00 ff 00 39 cd f0 08 .....?..?.?.9??.
      0000:0020 88 17 60 00 00 18 00 00 00 00 00 00 02 00 00 00 ..`.............
      0000:0030 01 00 06 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
      0000:0040 80 00 29 f4 11 19 17 48 44 52 45 43 4f 56 45 52 ..)?...HDRECOVER
      0000:0050 59 20 46 41 54 33 32 20 20 20 fa 33 c0 8e d0 bc Y FAT32 ?3?.??
      以降省略



      ■修正後の開始位置 7392(1F C6 13 07)
      0000:0000 eb 58 90 49 42 4d 20 20 37 2e 31 00 02 08 20 00 ?X.IBM 7.1... .
      0000:0010 02 00 00 00 00 f8 00 00 3f 00 ff 00 1f c6 13 07 .....?..?.?.....
      0000:0020 84 17 60 00 fa 17 00 00 00 00 00 00 02 00 00 00 ..`.?...........
      0000:0030 01 00 06 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
      0000:0040 80 00 29 f4 11 19 17 48 44 52 45 43 4f 56 45 52 ..)?...HDRECOVER
      0000:0050 59 20 46 41 54 33 32 20 20 20 fa 33 c0 8e d0 bc Y FAT32 ?3?.??
      以降省略


    3. パーティション書き戻し
      修正したファイル「work.img」をパーティションの先頭に書き込みます。

      > su
      # dd if=work.img of=/dev/sda4 count=1


      【注】
      当初、LinuxはKNOPPIXはv6.4.4CD版、v6.7.1CD版DVD版を使用していましたが、
      どれもバイナリエディタ「KHexEdit」が見つからずインストールもできずで
      4バイト書き換えるのにずいぶん手古摺りました。
      v6.7.1のDVD版で「KHexEdit」をインストールしようとしたら
      「すみません、'khexedit' は、この種類のコンピュータ (i386) では利用できません。」
      と怒られるし。(この種類って何の種類?i386?64Bitカーネルでもだめだけど?)

      結局、以前焼いて手元にあった「KNOPPIX DVD版v5.1.1」を使用しました。
      これには普通に「KHexEdit」が入っていて問題なく修正できました。
      KNOPPIXは普段使用していないので詳しく無いのですが
      他のバイナリエディタを使用しても問題ありません。

      (CF-T5のSSD換装#4で「hexedit」を利用する方法を説明しています)



    5.BIOSメニューに表示するよう設定
      □フロッピー起動し
      makebeer /copy
      makebeer /ndos
      recvmode /normal

      電源OFF


    6.リカバリー実行
      電源ON後[F2]キーを押し、BIOSメニューからリカバリー実行し
      正常にリカバリーが開始するか確認します。




      リカバリー開始直後のメニューで「0.【 中止 】」を選択すればリカバリーは実施されません。



    以上です


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


    スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。