Excel INDIRECT関数を相対式のように使う

Excel INDIRECT関数を相対式のように使う




通常、INDIRECT関数は
=INDIRECT("A1")
のように参照したいセルを文字列で指定したり
=INDIRECT(A1)
のようにセルに参照先のセルを格納して使用するのが一般的です。

これらはどれもセルを直接アドレスで指定しています。

しかし、VBAからセルに式を格納する場合などは
格納するセルの相対指定ができると
格納先のセルに関係なく式を統一できて便利です。

例1
1つ右のセルは
=INDIRECT(ADDRESS(ROW(),COLUMN()-1))

例2
1つ上のセルは
=INDIRECT(ADDRESS(ROW()-1,COLUMN()))

例3
(1つ右のセル)-(2つ右のセル)は
=INDIRECT(ADDRESS(ROW(),COLUMN()-2))-INDIRECT(ADDRESS(ROW(),COLUMN()-1))

となります。

このようにすることで格納するセルの相対指定が可能になり
格納先のセルのアドレスを意識せずに参照することができるようになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR