2014年12月10日のWindows UpdateでExcel VBAの動作に不具合





2014年12月10日のWindows UpdateでExcel VBAの動作に不具合

新しい記事を書きました。
2014年12月10日のWindows UpdateでExcel VBAの動作に不具合(その2)

2014年12月10日のWindows Updateを実行後
それまで正常に動作していたExcel VBAのマクロがコンパイル エラーで実行できなくなってしまいました。
「メソッドまたはデータ メンバーが見つかりません。」って。


全てのExcel VBAが実行できなくなるのではなく、特定のマクロだけがエラーになります。

ActiveXコントロールのボタンがVBAから見つけられないようです。

エラーになる行は
Sheet6.CmdUpdate.Enabled = False
この行の
「CmdUpdate」がActiveXコントロールのボタンの名前です。

しかたがないので、当該行を全てコメント行に修正。

コンパイル エラーは無くなり、とりあえず、暫定的に実行できるようになりました。

Windows Update 最近、不具合が多いような...
困ったものです。

どうなることやら。

■更に
新規ExcelシートにActivXコントロールを挿入できなくなりました。


オブジェクトを挿入できません。


■解決方法
このエクスプローラの検索で
cドライブの「.exd」を検索し


Office 2010の場合は
%temp%\Excel8.0
%temp%\VBE

「MSForms.exd」
があるようです。

※注意
ファイルが存在するフォルダがユーザ毎のTempフォルダなので別のユーザでログインした場合、
この現象が再度発生する可能性があります。


いったん、Excelを終了し
検索したファイルを削除


これで、新規ExcelシートにActiveX コントロールが挿入できるようになりました。


このファイル削除で
「メソッドまたはデータ メンバーが見つかりません。」のコンパイル エラーも解消しました。

でも、Windows Updateを実施するとコンパイル エラーになって
「.exd」を削除しないといけないって何なんでしょう?

それと、この障害、Excelをあまり使っていないパソコンでは発生しないようです。

パソコンに問題があるか否かは
「新規ExcelシートにActivXコントロールを挿入できるか」で判断できるかもです。

違ってたらごめんなさい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR