Teclast X98 3G に Windows 8.1を入れた感想





Teclast X98 3G に Windows 8.1を入れた感想

Teclast X98 3G に Windows 8.1で使っています。
しばらく使ってみて感じたのは
Windows 8.1ではタッチパネルの反応が悪いのか
マウス無では操作が難しいと言うこと。

文字入力の時はキーボードを使用しますが
マウス操作は常時必要です。

Windows 7までのデスクトップアプリはそのままのインターフェースなので
閉じる・最大化・縮小・移動等タッチしてもうまく操作できません。

特に、画面の端のタッチがうまくいきません。(X98 3Gだけか?)

Windows 8.1は
「タッチ対応の PC やタブレット PC 向けの設計」
がされているそうですが
このタッチの使いにくさはいったい何なんでしょう?

以前の記事でも書きましたが
マウスが無くても操作が改善される
TouchMousePointer(タッチマウスポインタ)がお勧めです。
TouchMousePointer タッチパネルをタッチパッド化
このTouchMousePointerをインストールすることでノートパソコンのタッチパッド相当の操作が実現できます。

TouchMousePointerは以下の設定設定を行った方が使い易くなります。

TouchMousePointerの設定の「ポインタの視覚化」タブ
そのままではマウスポインタが小さいのでズームを「x3」程度に変更した方が視認性が良くなります。


「一般」タブ
「ポインタ位置を維持(最後に操作した位置を復元)」のチェックをはずします。
デフォルトはチェックされていますがその状態だとTouchMousePointerのポインタ管理と実際のポインタの管理が
2つになり混乱すると思います。



ただ、Windows 8.1 ですが、短所ばかりでは有りません
腐ってもWindowsです。

過去のソフトの多くが普通に動作するのはさすがです。
このちっぽけな容量の少ないX98 3G でもOfficeソフトもインストールでき
そこそこの事ができそうです。
また、Androidと違って複数のウィンドウを開いて
スクリーンキーボードでウィンドウ間のコピペもでき
[Ctrl]+[s]、[Ctrl]+[a]、、[Ctrl]+[c]、[Ctrl]+[v]、[Ctrl]+[x]、[Ctrl]+[z]も当然OK
Webのページをコピーしてエディタ等に貼り付けても改行がくずれないのも良いです。

ただ、1つしかないUSB端子にキーボードやマウスを接続すると
その間、充電できないので
いざ持ち出そうとするとバッテリーが少なくなっていて
外で使えなかったりします。

キーボードとマウスを接続するとそこそこ使えるようになりますが
キーボードが有る分、画面と距離を空けるため、さらに画面が小さく感じます。

最近、8インチのWindows タブレットが人気のようですが
9.7インチでも小さいのに8インチではなおさら操作しにくいのではと思います。

Windows 8.1をちゃんと使うには10インチ程度は必要なのではないかな?

X98 3G だけの問題なのか不明ですが
結構、操作中に固まります。
3G接続も切れることがあります。
ただ、切れるだけなら良いのですが
再度、接続するとつながりません。


こんな場合は再起動または、強制切断(電源9秒程度長押し切断後に起動)です。
起動が比較的早いので我慢して使っていますが
もう少し何とかならないのかなと思っています。

それから、リアカメラは正常のようですが
フロントカメラは上下反転して表示されます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR