GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02Dに 海外版Android 4.1.2 を入れる




GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02Dに 海外版Android 4.1.2 を入れる

長い間 GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02DにdocomoのICS Android 4.0.4
SC02DOMMP4 を使用していました。
Android 4.0.4 の SC02DOMMP4 が公開されたのが2013年2月ですから
すでに1年5箇月経ちました。



海外版 GT-P6200 には Android 4.1.2 が公開されています。

でも、海外版の ROM を入れると内蔵マイクが使用できなくなります。
それを承知で入れてみました。

ただ、海外版ROMの良い点もあります。
docomo版ではテザリングするとAPNが強制的に切り替わるという、MVNO利用者にとってはとんでもない仕様がありますが、
海外版ROMでは普通にテザリングできます。
最新のマップも固まらずに動作します。
Android 4.0.4 より 安定しているように感じます。

■準備
  1. ROM P6200XXMD2Firmwares | SamMobile
    ここから「P6200XXMD2_P6200OJVMD1_xxx.zip」をダウンロードします。(xxxはダウンロード先の国により変わります。)
    zipを解凍し以下のファイルをLhaplusでtar形式に圧縮します。
    • cache.img
    • factoryfs.img
    • hidden.img
    • zImage


  2. Odin3_v3.09.zip
    今回実施したWindows 7 64 または 32 で ROM焼きする場合は「Odin3_v3.09」が必要です。
    ダウンロードし解凍します。
  3. root化ファイル
    P6200XXMD2用にroot化ファイルを作りました。
    • root権限獲得処理
    • bash
    • 4.1.1標準ブラウザ改
      P6200XXMD2 のブラウザはちょっと使いにくかったので置き換えました。
      これがP6200XXMD2 のブラウザです。
      クイックコントロールが小さいです。
      私の親指の大きさには合っていません。そのため、操作しづらいのです。
      それに、サイトを表示すると文字の配置が変です。画面を有効につかってくれません。ユーザー補助でフォントサイズを変更しても読み易い表示になりません。

      我慢できずに違うブラウザを使うことにしました。


      でも、そのまま入れたらメニューの「ページ内を検索」が文字化けていたので修正しています。

    ダウンロードはこちらから
    root_bash_Browser_MD2.zip
    DLキーは
    busyboxは入れていません。
    必要時は「playストア」から「BusyBox」をインストールし、起動後更に「Install」してください。

  4. その他
    CWM Recoveryがインストールされている必要があります。
    詳しくは過去記事GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02DにdocomoのICS Android 4.0.4を焼いてrootまで
    を参照ください。

注意
今回の方法でP6200XXMD2を焼くとフラッシュカウンタがカウントアップされます。

■実施
  1. ROM P6200XXMD2焼き
    GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D をダウンロードモードにし
    「Odin3 v3.09.exe」を起動し「AP」をクリックしtarで固めたファイルを指定します。

    ドライバが正しく読み込まれると、Message欄に「Added!!」と表示されれば準備OKです。
  2. root化
    本体をリカバリーモードで起動しCWMで「root_bash_Browser_MD2.zip」をインストールします。

    必要により「playストア」から「SuperSU」「BusyBox」をインストールします。
    「BusyBox」は起動後「Install」を実行してください。
  3. bashのカラー表示化

    # cp /system/etc/bash/bash_profile /sdcard/bash_profile

    過去記事を参考にPuTTYの環境を作ると便利です。
    Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9をbashとPuTTYで使う



ベースバンドは SC02DOMMP4 のままです。




■ナビゲーションバーのキー交換
ただ、そのままではナビゲーションバーの「バック」と「最近のアプリ」の表示順が以前と逆です。
違和感があったので「Xposed Module Repositor」にモジュール「GravityBox」を動作させて使っています。
Xposed Installer | Xposed Module Repository
「Download:」の右のリンクをクリックしファイルをダウンロードし、インストールします。

[APP][JB][XPOSED] GravityBox v3.1.8 - tweak box for Android 4.1/4.2/4.3 [16/06/2014] - xda-developers

「Attached Files」のファイルをダウンロードしインストール後
「Xposed Module Repositor」を起動し「モジュール」をタップし[GravityBox」にチェックを入れます。
再起動します。
起動後、「GravityBox」を起動しナビバー設定を行います。
再起動すれば完了です。

「GravityBox v3.1.8」 の「ナビバー設定」の「メニューキー常時表示」を設定すると
ナビゲーションバーの左にメニューキーが表示され、
ブラウザで「クイックツールバー」を利用する場合にいつでも「メニュー」が表示できて便利です。


メニューを表示すると「デスクトップ版サイトをリクエストする」や「オフラインで読めるよう保存」などが
容易に操作ができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR