CF-T2 の SSDの延命対策&スピードアップ RAM DISK導入

CF-T2 の SSDの延命対策&スピードアップ RAM DISK導入



CF-T2 の SSDの延命対策&スピードアップ RAM DISK導入


SSD化したcf-t2ですが、その後も問題なく動作しています。
無音PCになってより快適に。

といっても、ほとんど子供占有のマシンになっていますが。

SSD化して気になるのが、

SSDは書き換えられる回数が有限回

であること。

最近のSSDは書き換え回数をあまり気にしなくても良いという話もありますが
無駄な書き換えはしないに越したことはありません。

普段は快適に使用できるPCでも

  • Windows Update
  • ウイルス対策ソフトのファイル更新
  • その他、ブラウザやFlush等ソフト更新

などが重なると極端に動作が遅くなります。
この状態でWebブラウザを立ち上げると遅さでイライラがMAX。

まー、1台のSSDにいっせいに読み書きが集中するため、遅くなるのは当然なのですが。

てことで、少しでも快適にPCを使用できるようにするため
cf-t2にRAM DISKを導入することにしました。


RAMDISKの導入


RAMDISKのソフトもたくさんあります。
メモリーメーカーが提供していたり、
また、メモリーメーカーによっては自社のメモリーを使用したパソコンでのみ利用可能との
制約を付けているところもあります。

そこで、選んだのがIOdata のRamPhantomEX Free (無料体験版)です。

このRamPhantomEX Free (無料体験版)ですが
IOdata のメモリを持っていない人でもioPLAZAの会員になるとダウンロードでき、
256MBまでのRAM DISKを使用できるようになります。
インストール中にブラウザのキャッシュをRAM DISKに設定できます。

RamPhantomEX Free (無料体験版)以外に
IOdataのメモリを持っている人は無料ダウンロードできるRamPhantom3 LE や
製品版のRamPhantomEXもあります。


実際の使用感


cf-t2ですが搭載しているメモリは768MBと決して多くないので
128MBをRAM DISKに割り当てて使用しています。

それでも、RAM DISK追加で動作も若干軽くなり
SSD+RAM DISKでさらに快適に使用できています。

RAM DISK使用で、SSDに対する無駄な読み書きが無くなることで、
延命対策にもなり一石二兆というところでしょうか。

さらに、メモリをたくさん積んだPCならページング ファイルを使用しない設定で使用するのも良いのですが
なにせ、768MBなので128MBのRAMデスク使用で使い続けることにします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR