Windows 7でのコマンド プロンプトについてまとめてみました







Windows 7でのコマンド プロンプトについてまとめてみました。

■一般権限でコマンド プロンプトを起動する

その1.スタート メニューから
「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」を選択


その2.スタート メニューの「プログラムとファイルの検索」欄に
「cmd」を入力し[Enter]


一般権限で起動した「コマンドプロンプト」



■管理者権限でコマンド プロンプトを起動する
次に、管理者権限で起動する方法です。

その1.スタート メニューから
「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」で右クリックし
「管理者として実行」を選択


変更許可の画面で「はい」を選択


その2.スタート メニューの「プログラムとファイルの検索」欄に
「cmd」を入力し[Ctrl]+[Shift]+[Enter]


変更許可の画面で「はい」を選択


管理者権限で起動した「コマンドプロンプト」
左上に「管理者」が表示されています。




■コマンド プロンプトの設定

コマンド プロンプト上部を右クリックし「プロパティ」を選択


「オプション」タグの「簡易編集モード」をチェックすると
クリップボードのテキストを「右クリック」で張り付けたり

左クリックを押しながら選択した部分を
クリップボードにコピーできるようになります。


「レイアウト」タグの「画面バッファーサイズ」を
下の「ウィンドウサイズ」より大きく指定すると過去に入力した
コマンドや表示内容を参照できるようになります。
(下の例は高さを3000に設定しています。)



なお、一般権限と管理者権限それぞれの権限で設定が必要です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR