古いパソコンにWindows 7を入れる(その2)







古いパソコンにWindows 7を入れる(その2)

使い方にもよるのでしょうが、Windows 7よりもWindows XPの方が使い易いと思います。

AeroなんてWindows 7導入直後に数回動かした後は使っていません。
起動中のアプリを全部タスクバーに表示させ、一発でアプリを切り替えられた方が
ストレス無く操作できます。

そこで、極力、Windows XPの操作感に近づけるよう設定方法をまとめてみました。

  1. デスクトップのテーマの変更

    デスクトップのテーマも「Windows クラシック」

    デスクトップで右クリック
    [個人設定]-「コンピューターの視覚効果と音を変更します」で
    「ベーシック テーマとハイ コントラスト テーマ」からテーマを選択します。
    非力なパソコンには「Windows クラシック」が良いかと。


  2. クイック起動ツールバーの利用
    Windows 7ではアプリの起動前からタスクバーに主要なアプリが配置されていて、アプリを起動するのに便利な反面
    始めからタスクバーを占有しているため、既に起動したアプリかどうか良くわかりません。
    Windows XPまでは普通に使えていた「クイック起動ツールバー」がWindows 7では隠されてしまったため、
    利用するには以下の手順が必要です。

    クイック起動ツールバーを表示させるには
    タスクバー上で右クリック [ツール バー]-[新規ツール バー]を選択


    「新規ツール バー - フォルダーの選択」画面の
    「フォルダー:」に「shell:quick launch」を入力し[フォルダーの選択]をクリック


    タスクバーに Quick Launch が出現します。


    「タスク バーを固定する」のチェックをはずし

    「Quick Launch」上で右クリックし「ボタン名の表示」と「タイトルの表示」のチェックを解除


    あとは、タスクバーを右クリックし「タスク バーを固定する」のチェックを解除し
    クイック起動ツールバーをタスクバーの左に移動します。


  3. タスクバーの整理
    あらかじめタスクバーに表示されているアプリを消すには
    消したいアプリ上で右クリックし「タスク バーにこのプログラムを表示しない」を選択すれば
    消すことができます。

  4. タスクバーのアプリのグループ化の解除
    標準ではタスクバーに表示するアプリは複数起動していても分かりづらく、
    目的のアプリを選択する際も以下の2タッチになります。

    1. タスクバーのアプリをクリック
    2. 目的のアプリを選択

    これを避けるには
    タスクバー上で右クリックしプロパティを表示します。
    表示されたプロパティの
    「小さいアイコンを使う」
    「タスク バーのボタン」を「結合しない」(または「タスク バーがいっぱいの場合に結合」)を指定し


    これで、Aeroよりも数倍早くアプリケーションの切り替えが行えます。

    スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR