スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』を買ってみた



以前から気になっていた商品
「Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』」
を買ってみた

関連記事
Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』を買ってみた(その2)
 Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』その後

Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』を買ってみた(その3)
 画面上部中央の「非商用目的」を非表示にする。


値段の安さと中国語のパッケージにちょっと、あやしい雰囲気がある。
でも買ってしまった。

Amazon.co.jpで価格は4,600円程度で堂々と販売されている。
パッケージの写真には
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote

「Word」と「Excel」はもちろん
なんと「PowerPoint」と「OneNote」まで入っている。

今まで個人所有のパソコンには「Word」と「Excel」は入れたことはあったが
価格と個人で利用する機会の少なさから「PowerPoint」は入れたことが無かった。
「PowerPoint」単体で1万円以上するし。
それに、「OneNote」まで入っている。
これだって1万円くらいする。(使ったことは無いけど)

それが、3台パックで4,600円
なんと1台あたり1,500円程度。

商品説明には
  • 並行輸入品(パッケージは中国語)
  • Microsoft正規サポートが受けられます

と書かれている。

日本で販売されているMS Officeの価格が適正かどうかはさておき
本当にこの価格でちゃんとMS Officeが使用できるようになるのか不安になる。

日本でのMS Officeは
  • 通常版
  • アップグレード優待
  • アカデミック
を見かけるが
Home&Studentに該当する製品はない。

調べると、本場?米国でもHome&Studentは$100程度で販売されていている模様。
パッケージも中国版とほとんど変わらない
他にもHome & Businessもあり、こちらは1PC /1 Userで価格も高めで$150
  • Outlook
が入っている。

「Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』」の商品の
カスタマーレビューには日本語化する手順が書かれている。
実際にその手順に従ってやってみた。

■準備
  1. 「Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』」の購入
  2. Windows Live IDの取得
  3. 「MicrosoftR Office Home and Business 2010 Trial」無料試用版をダウンロード
    ダウンロード - Office.comから

    「Office 2010 無料試用版」をダウンロード。
    ダウンロード >
    のリンクをクリックし、画面が変わったら
    > 60 日間無料でお試しください
    のリンクをクリック

  4. 「MicrosoftR Office Home and Business 2010 Trial」のインストール
    ライセンスキーは60 日間有効なのでそれまでに全て完了させる必要がある。

    <注意>
    この無料試用版は
    「Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』」を日本語で使用するためには必要な
    ソフトです。
    パッケージを削除するとメニュー等が英語表記になり、日本語が表示されなくなります。
    アンインストール(削除)しないでください。


  5. 「MicrosoftR Office Home and Business 2010 Trial」のダウンロード
    ダウンロードには「Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』」のライセンスキーが必要
    上記1.のパッケージが届いてから実施
    プロダクト キー カードを使用する - Office.comから
    「PC に Office 2010 がプレインストールされていない場合:2」下の
    [ダウンロード]ボタンをクリック

    1. プロダクト キーの入力
      入力欄に購入した製品のプロダクト キーを入力する
      (本製品の場合、1つのプロダクト キーで3台のPCにインストールできる。)
    2. 言語の選択
      「英語」を選択(日本語版にはHome&Studentに相当する製品が無いためらしい)
    3. 確認
      画面右画像の6文字を入力し[送信]をクリック
    4. Windows Live IDでサインイン
      画面が変わり、Windows Live IDでサインインするように求められる。
      既に取得しているなら画面右下端にある[続行]をクリックする。
      取得していない場合は[続行]を押した上で画面に従い、Windows Live IDを取得。
    5. 画面が変わり、「マイアカウント」になる。「ダウンロード」ボタンをクリックする。
    6. 画面が再び変わり、「ご注文いただいた製品」という画面になる。ここでそのままダウンロードボタンを押すと、32bit版のOffice2010がダウンロードされる。もし64bit版がほしいのであれば、ダウンロードボタンの下にある、「ダウンロード方法の変更」をクリックすると、32bit版と64bit版の選択ができる画面が現れるので、「64bit」をクリックし、64bit版をダウンロードする。

  6. ダウンロードしたOffice2010を実行しインストールする。
    画面に[プロダクト キーの入力]が表示されるので購入した製品のプロダクト キーを入力
    Office2010のExcel, Word, Power Pointなどが日本語で開けるようになる。
  7. Office2010のどれかひとつを開くと、ライセンス認証するように求められるので、オンライン認証ではなく、
    電話認証を選択する。
  8. 画面に表示された電話番号に電話をかけ、画面を見ながら、音声指示通りに電話機のプッシュボタンで入力する。
    次に音声で通知される番号48桁を、画面に順次入力する。
  9. 無事Office2010のライセンス認証が完了し、Excel, Word, Power Point等が使えるようになる。



2台試したが、無事日本語化したOfficeがインストールできた。
画面上部中央の「非商用目的」の表示が出るがそれ以外は普通に使えそう。



<注意>
上記3.でダウンロード&インストールした「MicrosoftR Office Home and Business 2010 Trial」無料試用版は
「Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』」を日本語で使用するためには必要な
パッケージです。
このパッケージを削除するとメニュー等が英語表記になり、日本語が表示されなくなります。
アンインストール(削除)しないでください。


関連記事
Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』を買ってみた(その2)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。