Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D docomo版 Android 3.2 で非公式テザリング





Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D docomo版 Android 3.2 で非公式テザリング~apktoolの使い方


関連記事
2013年2月4日新しい記事を書きました。
Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02DにdocomoのICSアップデートがきた
Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D docomo版 Android 4.0 で IIJmio 非公式テザリング


いまさらですが
Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D docomo版 Android 3.2 Honeycomb SC02DOMLF2で
「IIJmio高速モバイル/D」のSIMでテザリングができるよう修正を行いました。

来年にはGalaxy Tab 7.0 Plus SC-02Dにdocomo版 ICSが来るとか来ないとか
それに備え、非公式テザリング化の練習です。

保証はしませんが、
docomoの他の機種でも同じ手順で非公式テザリングが可能になるかも知れません。

本修正は
framework-res.apk
内の
values\strings.xml
の修正になります。

失敗すると正常に起動できなくなり、悲しい思いをします。
そうなっても復活できる人だけやってください。

動作未保証、サポート無しです。
自己責任で使用してください。


system領域の入れ替えです。root権限が必要になります。
また、adb と Java SDKの環境も必要です。

■準備
framework-res.apkに対する修正のため
android-sdkとapktoolを使用しますが
android-sdkとapktoolは最新版を用意します。
既にandroid-sdk環境が有る場合でも最新版でないと正常にframework-res.apkを
さわれない場合があります。(古いモジュールが悪さをしビルドでエラーになる場合があります。)

うまくできない場合は最新版をダウンロードし古い環境に上書きしてください。
環境の確認のため、何も修正しない状態でビルドできるか確認します。
(正常にビルドできない場合は環境に問題があると思われます。)

(1)ファイルのダウンロード
以下の2つをダウンロードし展開します。
・android-sdk
Android SDK | Android Developersから

をクリックしダウンロードします。

・apktool
android-apktool - A tool for reverse engineering Android apk files - Google Project Hosting
apktool-install-windows-r04-brut1.tar.bz2
  aapt.exe
  apktool.bat
apktool1.5.0.tar.bz2
  apktool.jar

(2)モジュールのコピー
・apktool
aapt.exeは
apktool-install-windows-r04-brut1.tar.bz2と
android-sdkにあります。

「apktool.bat」と「apktool.jar」をパスの通っている「android-sdk\platform-tools」にコピーしました。
「aapt.exe」はコピーしていません。

・7z.exe
resources.arscの置換えで使用する「7z.exe」もパスの通っているフォルダにコピーします。


■作業開始

作業フォルダの準備
下記フォルダ構成で作業することを前提に行います。
強制では有りませんが、フォルダ構成を規定した方が説明が容易になり、理解しやすいと思います。

C:\temp\sc-02d3.2  ・・・作業フォルダ(カレント)
+---framework-res  ・・・デコード時に作成されます
+---org       ・・・修正前のファイル保存場所
| +---app     ・・・今回app内のファイルは修正しませんが今後、...
| \---framework  ・・・framework 関連のファイル
\---workspace    ・・・修正中ファイルの保存場所


(1)フォルダ作成
作業に必要なフォルダを作成し、作業フォルダへ移動します。
D:\>mkdir C:\temp\sc-02d3.2

D:\>mkdir C:\temp\sc-02d3.2\org

D:\>mkdir C:\temp\sc-02d3.2\workspace

D:\>C:

C:\>cd C:\temp\sc-02d3.2


(2)ファイルの転送
必要なファイルを端末から母艦へ転送します。
今回の修正で必要なのは「/system/framework/framework-res.apk」だけです。
このファイルだけ転送しても良いのですが、バックアップにもなるので
ごっそり、転送します。もちろん、「/system/framework/framework-res.apk」だけ母艦に転送してもOKです。

C:\C:\temp\sc-02d3.2>adb pull /system/framework org/framework

C:\C:\temp\sc-02d3.2>adb pull /system/app org/app

C:\C:\temp\sc-02d3.2>copy org\framework\framework-res.apk workspace\

(3)フレームワークのインストール
母艦にframework-res.apkをインストールします。
他の端末のデコード/ビルドを行う場合はその端末のframework-res.apkを
インストールします。
同じ端末の他のapkファイルを連続してデコード/ビルドする場合は
最初に1度実施すればOKです。

C:\temp\sc-02d3.2>apktool if org\framework\framework-res.apk
I: Framework installed to: C:\Documents and Settings\takizaa.SOLDIV\apktool\framework\1.apk

(4)デコード
C:\temp\sc-02d3.2>apktool d workspace\framework-res.apk
I: Loading resource table...
I: Loaded.
I: Decoding AndroidManifest.xml with resources...
I: Decoding file-resources...
I: Decoding values */* XMLs...
I: Done.
I: Copying assets and libs...


実行後フォルダ「framework-res」が作成されファイルの編集が可能になります。

(5)ファイルの編集
<注意>
環境に問題が無いか確認するためファイルを編集する前に「(6)ビルド」を1度実施してください。


フォルダ「framework-res\res\values」内のファイル「strings.xml」を編集します。

修正前
<string name="config_tether_apndata">docomo_hotspot,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,,default,supl</string>


修正後
<string name="config_tether_apndata">IIJmio,iijmio.jp,,,mio@iij,iij,,,,,440,10,3,*</string>


(6)ビルド
C:\temp\sc-02d3.2>apktool b framework-res
W: Could not find sources
I: Checking whether resources has changed...
I: Building resources...
aapt: warning: string 'dont_show_dialog' has no default translation in C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\res; found: ko
aapt: warning: string 'never_turn_on_wifi' has no default translation in C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\res; found: ko
aapt: warning: string 'permdesc_mdmScreenCapture' has no default translation in C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\res; found: ja ko
aapt: warning: string 'permdesc_mdmTethering' has no default translation in C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\res; found: ja ko
aapt: warning: string 'permdesc_mdmUsbDebugging' has no default translation in C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\res; found: ja ko
aapt: warning: string 'permlab_mdmScreenCapture' has no default translation in C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\res; found: ja ko
aapt: warning: string 'permlab_mdmTethering' has no default translation in C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\res; found: ja ko
aapt: warning: string 'permlab_mdmUsbDebugging' has no default translation in C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\res; found: ja ko
I: Building apk file...


(7)resources.arscの置換え
workspace\framework-res.apk内のresources.arscファイルを
7-Zipを使用し非圧縮形式のファイルに置換えます。

7-Zipで非圧縮形式のファイルに置換る場合フルパスで指定する必要があります。

C:\temp\sc-02d3.2>7z.exe u -tzip -mx=0 workspace\framework-res.apk C:\temp\sc-02d3.2\framework-res\build\apk\resources.arsc

7-Zip 9.20 Copyright (c) 1999-2010 Igor Pavlov 2010-11-18

Scanning

Updating archive workspace\framework-res.apk

Compressing resources.arsc

Everything is Ok


正しく「resources.arsc」が置き換わっているか確認します。(7-Zipで開きます。)



(8)ファイルの転送
修正したframework-res.apkを端末に転送します。

C:\temp\sc-02d3.2>adb push workspace\framework-res.apk /data/local/tmp/
4231 KB/s (9065968 bytes in 2.092s)


以降端末側作業


(9)ファイルの入れ替え
adb shellで端末に入りファイルの入れ替えを行います。
$ su
# cd /data/local/tmp
# cp -p /system/framework/framework-res.apk framework-res.apk.org
# chmod 644 framework-res.apk
# chown root.root framework-res.apk
# mount -o remount,rw /system
# cp framework-res.apk /system/framework/framework-res.apk


(10)cache dalvik-cacheのクリア
recoveryモードで起動し、CWMから
・cache
・dalvik-cache
のクリアを行います。


以上で
WiFiテザリング中もブラウザでサイトを見ることができたら完了です。

■以下のサイトを参考にさせていただきました。
Naoログ さんの
[Android][IIJmio] IIJmioで月額945円定額低速データ通信

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR