スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GALAXY S2 SC-02Cを入手 b-mobile IIJmio テザリング





GALAXY S2 SC-02Cを入手 b-mobile IIJmio テザリング
Samsung製 microSDHC 32GB超高速クラス10



家族がスマートフォンが欲しいというので
GALAXY S2の白ロムを買いました。
どの機種にするか迷いましたが
やっぱり、今使ってる、GALAXY Tabと同じ
グローバルモデルが良いなと。
それで、
・GALAXY s2
・GALAXY s2 LTE
・GALAXY NEXUS
の中から選ぶことに。

結局、色々遊べそうなGALAXY S2に決定。
家族が使うのでそんなにROM焼きとかはしないのですが...

GALAXY S2を触ってみての感想ですが
「薄くて軽い」です。
私が使っている他の機器が全体的に重いのもありますが、
かなり軽くていい感じます。

で、さっそくROM焼きです。

■基本ROMのダウンロード
まず、最初に初期状態に戻せる様にSC-02Cの基本ROMをダウンロードします。
http://www18.atwiki.jp/sc-02croot/
「sc-02croot @ ウィキ - トップページ」
を参考に
Check Fus Downloader 2.1
をダウンロード(ページ中ほどのリンク「Check Fus Downloader 2.1」をクリック)します。

■Samsung Kies(&ドライバ)インストール
既にSamsung Kiesをインストールしてある場合でも最新かどうか確認してください。

ROM焼きに使用するOdinのダウンロード
「Odin3v1.85」を検索しダウンロード&解凍します。

カスタムROMのインストール
Odinで焼けるカスタムROMをダウンロード&インストールします。

■ADBドライバインストール
今回、これに1番悩みました。

ベースのROMでは問題なくADB接続できるのに
カスタムROMを入れるとADBで正しく認識しません。

以下のADBドライバを入れる必要があることに気付くのに3日かかりましたorz。
Google先生に聞くと「最新のドライバを入れる」との記事は見かけましたが
ADB用のドライバがあるとは。

google-usb_driver.zip

解凍後、デバイスマネージャでドライバ更新

参考にしたのは
http://androidlover.net/smartphone/galaxys2/sc02c-miui-no-driver.html
Android(アンドロイド)初心者のためのおすすめアプリ・カスタム情報|AndroidLover.Net

rootが取れてadbで接続できたら
ddを使ってバックアップ

TitaniumBackupインストール&実行

CWM入りのROMがあればCWMでバックアップ


■APN登録
b-mobile simのAPN設定

b-mobileのSIMをセットしてGALAXY S2を起動

APN設定を行います。

テザリングDB修正
docomo以外のデータ通信専用SIMで運用する場合は
テザリングを行うと強制的にdocomoのAPNに切り替わるため、
テザリングができません。また、テザリング中は、APNが切り替わるためブラウザ等も使用できません。
この処理を無効化します。
なお、Playストア(Androidマーケット)から「SQLite Editor」(有料230円)を使ってもできますが
ADBが使えて、TitaniumBackupがインストールされていれば「SQLite Editor」が無くても変更できます。

GALAXY S2の場合テザリング時に接続先APNを変更するか否かの情報はSQLite のDBに持っていて
ここを修正すればテザリング時もAPNが変わらずに使用できます。
GALAXY S2以外の機種でも同様な仕組みの機種が結構あるようです。機種によってはframework-res.apkに
その情報を持つものもあるようです。


■DB修正コマンドの準備
DB修正にはsqlite3コマンドを使用します。ファイルはTitaniumBackupからコピーします。

su
mount -o rw,remount /system /system
cp /data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/sqlite3 /system/bin/sqlite3
chmod 4755 /system/bin/sqlite3
sync

■DBバックアップ
修正前にいったんコピーします。
cp /data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.db /sdcard/external_sd/Backup
cd /sdcard/external_sd/Backup
cp settings.db settings.db.bak

■DB修正
cd /sdcard/external_sd/Backup
sqlite3 settings.db

sqlite> select * from secure where name like 'tether%';
select * from secure where name like 'tether%';
sqlite>

# sqlite3 test.db
sqlite3 test.db
SQLite version 3.7.6.3-Titanium
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
sqlite> insert into secure values(null, 'tether_dun_required', '0');
insert into secure values(null, 'tether_dun_required', '0');
sqlite> select _id, name, value from secure where name like 'tether%';
select _id, name, value from secure where name like 'tether%';
57|tether_dun_required|0
sqlite> .quit


他のサイトの情報を見るとinsert文でなくupdate文を使用している例を見かけます。

select * from secure where name like 'tether%';
の実行結果でどちらを使用するかを決めてください。

レコードが存在しない場合:insert文
sqlite> insert into secure values(null, 'tether_dun_required', '0');
レコードが存在する場合:update文
sqlite> select _id, name, value from secure where name like 'tether%';
select _id, name, value from secure where name like 'tether%';
57|tether_dun_required|1
sqlite> update secure set value = '0' where name = 'tether_dun_required';


■修正したDBをsystemに戻す
修正したDBをコピーします。

# cd /data/data/com.android.providers.settings/databases/
# ls -l settings.db
-rw-rw---- 1 system system 65536 Mar 12 13:10 settings.db
# cp /sdcard/external_sd/Backup/settings.db /data/data/com.android.providers.settings/databases/
# chmod 660 settings.db
# chown system:system settings.db
# sync
# reboot


これで、テザリングを起動してもブラウザ等も正常に使用できるようになりました。

■確認
「*#*#4636#*#*」にダイヤル
「電話情報」を表示
日本通信b-mobile simでテザリングができています。


新生活まとめ買い割引キャンペーン
スポンサーサイト
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。