CF-T5のSSD換装#4 本当の解決編





CF-T5のSSD換装#4 本当の解決編



「CF-T5のSSD換装#3」でバイナリエディタ「KHexEdit」がインストールできず手古摺っていましたが
KNOPPIXには他にもバイナリエディタとして「hexedit」がありこちらはCD版でも標準で使用できます。
また、USBメモリにインストールしても問題なく「hexedit」が使用できました。

「hexedit」は保存して終了する場合は[F10]を押下し
画面中央に「Save changes (Yes/No/Cancel) ?」と表示されるので「y」を入力します。

1.修正用ファイル吐き出し
knoppix@Microknoppix:~$ su

root@Microknoppix:/home/knoppix# dd if=/dev/sda4 of=work.img count=1
1+0 records in
1+0 records out
512 bytes (512 B) copied, 0.430013 s, 1.2 kB/s


ちなみに、of=で指定するファイル名に決まりはありませんが
ここで指定したファイルを以後、パーティション書き戻しまで使用します。

2.パーテション位置修正
修正する位置を計算します。(CF-T5のSSD換装#3参照)

root@Microknoppix:/home/knoppix# hexedit --help
usage: hexedit [-s | --sector] [-m | --maximize] [--color] [-h | --help] filename

■編集開始
root@Microknoppix:/home/knoppix# hexedit work.img
00000000 EB 58 90 49 42 4D 20 20 37 2E 31 00 02 08 20 00 .X.IBM 7.1... .
00000010 02 00 00 00 00 F8 00 00 3F 00 FF 00 39 CD F0 08 ........?...9...
00000020 88 17 60 00 00 18 00 00 00 00 00 00 02 00 00 00 ..`.............
00000030 01 00 06 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00000040 80 00 29 F4 11 19 17 48 44 52 45 43 4F 56 45 52 ..)....HDRECOVER
00000050 59 20 46 41 54 33 32 20 20 20 FA 33 C0 8E D0 BC Y FAT32 .3....
00000060 EC 7B 16 07 8B EC BB 78 00 36 C5 37 1E 56 16 53 .{.....x.6.7.V.S
00000070 8B FD B9 10 00 57 FC F3 A4 06 1F C6 45 F9 0F 8B .....W......E...
00000080 4E 2C 88 4D F4 89 47 02 8F 07 FB E8 23 01 8B 4E N,.M..G.....#..N
00000090 27 E3 03 89 4E 34 8A 46 24 99 8B 5E 2A 0B DB 75 '...N4.F$..^*..u
000000A0 07 93 8B 46 38 8B 56 3A E8 22 01 03 46 30 13 56 ...F8.V:."..F0.V
000000B0 32 03 46 22 83 D2 00 52 50 AB 92 AB B8 20 00 F7 2.F"...RP.... ..
    中略
000001F0 42 6F 6F 74 20 66 61 69 6C 75 72 65 00 00 55 AA Boot failure..U.
00000200
00000210
--- work.img --0x0/0x200------------------------------------------------


■カーソルを移動し修正
00000000 EB 58 90 49 42 4D 20 20 37 2E 31 00 02 08 20 00 .X.IBM 7.1... .
00000010 02 00 00 00 00 F8 00 00 3F 00 FF 00 1F C6 13 07 ........?.......
00000020 88 17 60 00 00 18 00 00 00 00 00 00 02 00 00 00 ..`.............
00000030 01 00 06 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00000040 80 00 29 F4 11 19 17 48 44 52 45 43 4F 56 45 52 ..)....HDRECOVER
00000050 59 20 46 41 54 33 32 20 20 20 FA 33 C0 8E D0 BC Y FAT32 .3....
00000060 EC 7B 16 07 8B EC BB 78 00 36 C5 37 1E 56 16 53 .{.....x.6.7.V.S
00000070 8B FD B9 10 00 57 FC F3 A4 06 1F C6 45 F9 0F 8B .....W......E...
00000080 4E 2C 88 4D F4 89 47 02 8F 07 FB E8 23 01 8B 4E N,.M..G.....#..N
00000090 27 E3 03 89 4E 34 8A 46 24 99 8B 5E 2A 0B DB 75 '...N4.F$..^*..u
000000A0 07 93 8B 46 38 8B 56 3A E8 22 01 03 46 30 13 56 ...F8.V:."..F0.V
000000B0 32 03 46 22 83 D2 00 52 50 AB 92 AB B8 20 00 F7 2.F"...RP.... ..
    中略
000001F0 42 6F 6F 74 20 66 61 69 6C 75 72 65 00 00 55 AA Boot failure..U.
00000200
00000210
-** work.img --0x20/0x200-----------------------------------------------



3.[F10]を押下し「y」で保存終了
00000000 EB 58 90 49 42 4D 20 20 37 2E 31 00 02 08 20 00 .X.IBM 7.1... .
00000010 02 00 00 00 00 F8 00 00 3F 00 FF 00 1F C6 13 07 ........?.......
00000020 88 17 60 00 00 18 00 00 00 00 00 00 02 00 00 00 ..`.............
00000030 01 00 06 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00000040 80 00 29 F4 11 19 17 48 44 52 45 43 4F 56 45 52 ..)....HDRECOVER
00000050 59 20 46 41 54 33 32 20 20 20 FA 33 C0 8E D0 BC Y FAT32 .3....
00000060 EC 7B 16 07 8B EC BB 78 00 36 C5 37 1E 56 16 53 .{.....x.6.7.V.S
00000070 8B FD B9 10 00 57 FC F3 A4 06 1F C6 45 F9 0F 8B .....W......E...
00000080 4E 2C 88 4D F4 89 47 02 8F 07 FB E8 23 01 8B 4E N,.M..G.....#..N
00000090 27 E3 03 89 4E 34 8A 46 24 99 8B 5E 2A 0B DB 75 '...N4.F$..^*..u
000000A0 07 93 8B 46 38 8B 56 3A E8 22 01 03 46 30 13 56 ...F8.V:."..F0.V
000000B0 32 03 46 22 83 D2 00 52 50 AB 92 AB B8 20 00 F7 2.F"...RP.... ..
000000C0 66 25 8B 5E 1F 4B 03 C3 83 D2 00 43 F7 F3 33 D2 f%.^.K.....C..3.
000000D0 01 46 10 11 56 12 33 C0 3B 46 2A 75 0F 8B 56 42 .F..V.3.;F*u..VB
000000E0 8B 46 40 8B C8 0B CA E3 03 E8 D7 00 5B 03 C3 5B .F@.........[..[
000000F0 13 D3 BB 00 05 E8 75 00 72 15 8B FB B9 0B 00 BE ......u.r.......

Save changes (Yes/No/Cancel) ?y

00000130 1A 39 4E 2A 74 02 33 D2 E8 88 00 03 46 10 13 56 .9N*t.3.....F..V
00000140 12 BB 00 07 B1 04 50 52 51 E8 21 00 59 5A 58 72 ......PRQ.!.YZXr
00000150 BE 40 75 01 42 03 5E 1F E2 EC 8A 6E 29 8A 56 54 .@u.B.^....n).VT
00000160 C4 5E 10 8C C0 C5 76 FC EA 00 00 70 00 F6 46 54 .^....v....p..FT
00000170 80 74 1F 33 F6 8B CC 56 56 52 50 06 53 46 56 BE .t.3...VVRP.SFV.
00000180 10 00 56 8B F4 50 52 B4 42 E8 25 00 5A 58 8B E1 ..V..PR.B.%.ZX..
00000190 73 30 8B 4E 2C 3B CA 72 29 F7 F1 42 8A EA 33 D2 s0.N,;.r)..B..3.
000001A0 F7 76 2E 8A F2 B1 06 D2 E4 0A E5 86 C4 91 B8 01 .v..............
000001B0 02 8A 56 54 57 BF 05 00 50 CD 13 58 4F 74 02 72 ..VTW...P..XOt.r
000001C0 F7 5F C3 33 DB 2D 02 00 1B D3 8A 5E 21 50 92 F7 ._.3.-.....^!P..
000001D0 E3 93 5A F7 E2 03 D3 C3 49 42 4D 42 49 4F 20 20 ..Z.....IBMBIO
000001E0 43 4F 4D 49 42 4D 44 4F 53 20 20 43 4F 4D 0D 0A COMIBMDOS COM..
000001F0 42 6F 6F 74 20 66 61 69 6C 75 72 65 00 00 55 AA Boot failure..U.
00000200
00000210
-** work.img --0x20/0x200-----------------------------------------------


4.パーティション書き戻し
root@Microknoppix:/home/knoppix# dd if=work.img of=/dev/sda4 count=1
1+0 records in
1+0 records out
512 bytes (512 B) copied, 0.430013 s, 1.2 kB/s


以上、容易にパーテション位置が修正できました。






スポンサーサイト

CF-T5のSSD換装#3


CF-T5のSSD換装#3
CF-T5のSSD換装#3 ほぼ解決編






以下の前提で説明しています。

  1. コピー元HDDは/dev/sdbでリカバリー領域は2番目のパーティションに存在する

  2. コピー先SSDは換装済みの状態でデバイス/dev/sdaの4番目のパーティションコピーする
    (コピー先パーティションは4番目でないとmakebeer、recvmode がうまく動作しません)

  3. 「MigrateEasy7.0」などの有償のツールは使用しません

    【注】
    USBメモリーからKNOPPIXを立ち上げた場合はコピー元HDDが異なるデバイス名で表示される
    場合があります

    デバイスを間違えないよう「fdisk -l」を実行し十分注意を行ないながら実施します

    実施はあくまで、自己責任で


0.準備
  1. SSD CSSD-PNM64WJ2
  2. ブート可能な外付けUSB光学ドライブ、または、USBメモリーにKANOPPIXをインストールしたもの
  3. ブート可能な外付けフロッピードライブ
  4. USB-HDDケース(2.5インチIDEのHDDをUSB接続する)
  5. KNOPPIX(http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/)を焼いたCD
    USBメモリーを使用する場合は別のPCを利用し、あらかじめ、USBメモリーにKANOPPIXをインストールします。
  6. 今回はKNOPPIX v6.4.4を使用しました。
  7. 起動用フロッピーディスク「MS-DOS の起動ディスクを作成する」でフォーマットしておく。
  8. パーティションテーブル修正用保存先
    (USBメモリー等、USBメモリーにKANOPPIXをインストールした場合そこに書き込めます)

1.SSDを初期化
    コピー先SSDを初期化する場合に実施します。
    4つ目のパーティションが未使用でSSDの後方に3GBの空きがあれば
    初期化する必要はありません。

    以前、SSDを別のLet's Note等に使用していて、既に4つ目のパーティションが非可視化されている場合は
    c:\util\oxp\tools\showRHDD.jsを実行し、あらかじめパーティションの可視化を実施してください。

    ◎knoppixを立ち上げ

    以下のどちらかを実施
    ■SSDの全てのパーティションを削除する場合
    > su
    # dd if=/dev/zero of=/dev/sda count=1

    ■4つ目のパーティションのみを削除する場合は
    > su
    # fdisk /dev/sda
    d   ・・・区画を削除
    4   ・・・4番目

    w



2.領域の確保&パーティションタイプ設定(c:W95 FAT32)
    ■コピー元HDD情報
    255 heads, 63 sectors/track, 9729 cylinders

    リカバリーDtoDパーティション情報
    /dev/sdb2 9338 9729 3148740 c W95 FAT32 (LBA)

    パーティション位置
    10進数  16進数リトリエンディアン
     9338     39CD F008

    上記から必要なサイズは392(9729-9338+1)

    ■コピー先SSD情報
    255 heads, 63 sectors/track, 7783 cylinders
    である場合、コピー先のパーティションとして7392から7783までを確保すれば良い。

    従ってコマンドは
    ◎knoppixから
    > su
    # fdisk /dev/sda
    n   ・・・新しい区画を作成
    p   ・・・パーティションの
    4   ・・・4番目
    7392
    7783

    t   ・・・タイプの変更
    4   ・・・4番目のパーティション
    c   ・・・W95 FAT32 (LBA)

    w   ・・・テーブルを書き込んでfdiskを終了


3.ddによるコピー
    ◎knoppixから
    knoppix@Knoppix:~$ su
    root@Knoppix:/ramdisk/home/knoppix# fdisk -l

    Disk /dev/sda: 64.0 GB, 64023257088 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 7783 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    Disk identifier: 0xc0320231

    Device Boot Start End Blocks Id System
    /dev/sda1 * 1 3264 26218048+ 7 HPFS/NTFS
    /dev/sda2 3265 7391 33150127+ 7 HPFS/NTFS
    /dev/sda4 7392 7783 3148740 c W95 FAT32 (LBA)
    ~~~~

    Disk /dev/sdb: 80.0 GB, 80026361856 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 9729 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    Disk identifier: 0x10bf360e

    Device Boot Start End Blocks Id System
    /dev/sdb1 * 1 3264 26218048+ 7 HPFS/NTFS
    /dev/sdb2 9338 9729 3148740 c W95 FAT32 (LBA)
    ~~~~

    root@Knoppix:/ramdisk/home/knoppix# dd if=/dev/sdb2 of=/dev/sda4 bs=4096



4.パーティション位置修正
    まったく同じサイズのHDD,またはSSDにコピーする場合は不要です。

    「IBM PC-DOS 7.1」は自身のパーテションの位置をパーティション内のブートセクターに持っていて
    実際のパーテションの位置とブートセクターの値が異なる場合
    画面に「Boot failure」を表示し
    PC-DOSの起動が失敗(ストップ)します。


    このパーテションの位置を正しく修正すると「IBM PC-DOS 7.1」が正常に起動します。


    修正の流れは以下の通りです。
    1. パーティションの先頭セクターをファイルに書き出す(ddコマンド)
    2. そのファイルをバイナリーエディタで編集し、正しいパーテションの位置に修正する(バイナリエディタ)
    3. 修正したファイルをパーティションの先頭セクターに書き込む(ddコマンド)



    1. 修正用ファイル吐き出し
      USBメモリでKNOPPIXを立ち上げると
      mountすることでUSBメモリのファイルを書き込むことができます。
      他にも、フロッピーをマウントしフロッピーにファイルを書きこむこともできます。

      ◎knoppixから
      「work.img」の名前で1セクター分をファイルに出力します。

      > su
      # dd if=/dev/sda4 of=work.img count=1


    2. パーテション位置修正
      バイナリエディタで開始位置を修正します。
      > su
      # khexedit work.img

      (CF-T5のSSD換装#4で「hexedit」を利用する方法を説明しています)

      設定する値はKNOPPIXに付属するOpenOfficeのCalcまたはMS OfficeのExcelで新しいブックを開き
      以下の式をA1以外のセルに貼り付け
      A1に「fdisk -l」で表示された開始位置(例えば7392)を入力するとバイナリエディタで修正すべき値が
      表示されます。



      OpenOfficeのCalcの画面(上の式をB2セルに貼り付けています)


      ■修正前の開始位置 9338(39 CD F0 08)
      0000:0000 eb 58 90 49 42 4d 20 20 37 2e 31 00 02 08 20 00 ?X.IBM 7.1... .
      0000:0010 02 00 00 00 00 f8 00 00 3f 00 ff 00 39 cd f0 08 .....?..?.?.9??.
      0000:0020 88 17 60 00 00 18 00 00 00 00 00 00 02 00 00 00 ..`.............
      0000:0030 01 00 06 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
      0000:0040 80 00 29 f4 11 19 17 48 44 52 45 43 4f 56 45 52 ..)?...HDRECOVER
      0000:0050 59 20 46 41 54 33 32 20 20 20 fa 33 c0 8e d0 bc Y FAT32 ?3?.??
      以降省略



      ■修正後の開始位置 7392(1F C6 13 07)
      0000:0000 eb 58 90 49 42 4d 20 20 37 2e 31 00 02 08 20 00 ?X.IBM 7.1... .
      0000:0010 02 00 00 00 00 f8 00 00 3f 00 ff 00 1f c6 13 07 .....?..?.?.....
      0000:0020 84 17 60 00 fa 17 00 00 00 00 00 00 02 00 00 00 ..`.?...........
      0000:0030 01 00 06 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
      0000:0040 80 00 29 f4 11 19 17 48 44 52 45 43 4f 56 45 52 ..)?...HDRECOVER
      0000:0050 59 20 46 41 54 33 32 20 20 20 fa 33 c0 8e d0 bc Y FAT32 ?3?.??
      以降省略


    3. パーティション書き戻し
      修正したファイル「work.img」をパーティションの先頭に書き込みます。

      > su
      # dd if=work.img of=/dev/sda4 count=1


      【注】
      当初、LinuxはKNOPPIXはv6.4.4CD版、v6.7.1CD版DVD版を使用していましたが、
      どれもバイナリエディタ「KHexEdit」が見つからずインストールもできずで
      4バイト書き換えるのにずいぶん手古摺りました。
      v6.7.1のDVD版で「KHexEdit」をインストールしようとしたら
      「すみません、'khexedit' は、この種類のコンピュータ (i386) では利用できません。」
      と怒られるし。(この種類って何の種類?i386?64Bitカーネルでもだめだけど?)

      結局、以前焼いて手元にあった「KNOPPIX DVD版v5.1.1」を使用しました。
      これには普通に「KHexEdit」が入っていて問題なく修正できました。
      KNOPPIXは普段使用していないので詳しく無いのですが
      他のバイナリエディタを使用しても問題ありません。

      (CF-T5のSSD換装#4で「hexedit」を利用する方法を説明しています)



    5.BIOSメニューに表示するよう設定
      □フロッピー起動し
      makebeer /copy
      makebeer /ndos
      recvmode /normal

      電源OFF


    6.リカバリー実行
      電源ON後[F2]キーを押し、BIOSメニューからリカバリー実行し
      正常にリカバリーが開始するか確認します。




      リカバリー開始直後のメニューで「0.【 中止 】」を選択すればリカバリーは実施されません。



    以上です




CF-T5のSSD換装#2

CF-T5のSSD換装#2





前回、KNOPPIXのddでDtoDのリカバリー領域のコピーに失敗しましたが
その原因が判明しました。

原因は
「KNOPPIX dd」と
「MigrateEasy7.0」
の動作の違いにあるようです。

CF-R4J/CF-T4J以降の機種ではリカバリー起動OSがWindowsME から IBM PC-DOS 7.1に変更なったそうで
今回、換装したCF-T5も当然リカバリー起動OSが「IBM PC-DOS 7.1」になっています。

この、「IBM PC-DOS 7.1」は自身のパーテションの位置をパーティション内のブートセクターに持っていて
実際のパーテションの位置とブートセクターの値が異なる場合
画面に「Boot failure」を表示し
PC-DOSを立ち上げずに失敗(ストップ)してしまいます。
(大きなお世話な気がしますが)

そのため、単純にパーティションをコピーする「KNOPPIX dd」では
PC-DOSは立ち上がらず、
「MigrateEasy7.0」でコピーした場合は
ブートセクターのパーテションの位置も修正されるので
正常にPC-DOSが立ち上がり、リカバリーが実施されるようです。

「KNOPPIX dd」でコピーした後にブートセクター内のパーテション位置を修正してやれば
正常にPC-DOSが立ち上がるようです。
そうすれば、有償の「MigrateEasy7.0」を使用せずに
DtoDのリカバリー領域のコピーができそうです。

現在、その方法を模索中です。
そのために必要なのが、バイナリーエディタなのですが、
今、使ってるKNOPPIX v6.4.4には「KHexEdit」というバイナリーエディタがありません。

KNOPPIXには「KHexEdit」が付属するらしいのですが
うーん、なんで無いの?

CF-T5のジャンクを入手とSSD換装

CF-T5のジャンクを入手とSSD換装






長い間使用してきたパナソニック Let's note CF-T2ですがいろんなところにガタがきています。

特に電源コネクタ部の断線(接触不良)でACアダプタの差込口をクネクネ動かすと通電するのですが
普通に差し込んだだけでは通電しません。

電源コネクタ部をヤフオクで購入することも考えましたが
修理してもまたどこかが壊れそう。メモリー価格も高めだし。

悩んだ挙句、後継機種のCF-T5のジャンクを購入しました。
ジャンクなので
キーボードのEnterキーが無い
画面が黄色がかっていて少し暗い
タッチパッド周りの塗装がはげている
パームトップの黒ずみ
等、色々難はあるのですが

CPUはcore 2 duoでメモリは標準で512MB
HDDは80GBでDtoDのリカバリー領域もあり


CF-T2を修理するよりは
CF-T5のジャンクを修理する方が未来がある気がして

キーのないキーボードもどうせなら新品に交換し
メモリも増設し
アマで1GBのメモリが約2000円で手に入りますし。これもCF-T5を選んだ理由です。

それに、以前、CF-T2に換装したSSD CFD CSSD-PNM64WJ2をCF-T5に流用です。

今回は#0と#00の精密ドライバ(1本4~500)を用意し交換しました。

また、USBメモリーでKNOPPIXを立ち上げた方がCD-ROMで立ち上げるより起動時間が短く
おすすめです。

<注>
USBメモリーでbootするにはBIOSで設定が必要です。


■うまくリカバリーできなかった手順


HDD->SSDの換装手順は以前CF-T2でHDDからSSDに交換した記事を参考に
使用したツールは以前と同じ、KNOPPIX v6.4.4
っていうか前に使ったCD-ROMを立ち上げ、USBメモリーにインストール

(1)SSDにリカバリー領域確保
FPDでDOS起動し
「makebeer.exe 3」
「makebeer.exe /fat32」


(2)KNOPPIXでパーティションのコピー
KNOPPIXを起動し
# dd if=/dev/sdb2 of=/dev/sda4 bs=14096


(3)DOS起動し
「makebeer /copy」
「makebeer /ndos」
「recvmode /normal」
全て正常終了
電源OFF


これでは、DtoDのリカバリーが実行できませんでした。

リカバリーを開始すると立ち上げ直後に
Boot failure
と表示し、リカバリー処理が止まってしまいます。

何かちゃんとリカバリー領域がコピーされていないのか?
うーん、なぜ?

HDDのパーティションを表示したものです。
/dev/sdaがSSD
/dev/sdbがオリジナルのHDD
の情報です。

root@Microknoppix:/home/knoppix# fdisk -l

Disk /dev/sda: 64.0 GB, 64023257088 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 7783 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0xab7ce855

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 * 1 3264 26218048+ 7 HPFS/NTFS
/dev/sda4 7393 7783 3140707+ c W95 FAT32 (LBA)

Disk /dev/sdb: 80.0 GB, 80026361856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 9729 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0xab7ce855

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 * 1 3264 26218048+ 7 HPFS/NTFS
/dev/sdb2 9338 9729 3148740 c W95 FAT32 (LBA)

ただ、気になるのは
ジャンクで買ったためなのか
はたまた、元々CF-T5はそうなのか分からないのですが
リカバリーの存在するパーティションが2番になっています。
ところが、CF-T5に入っているツールMAKEBEERで
操作できるのは4番のパーティションのみ


■成功した手順


MigrateEasy7.0は以前から持っていたのですが
なるべくお金がかからない手順で実現したかったため
KNOPPIXを使用していました。
でも、手詰まりのため、新しい手順を試すことに。

MigrateEasy7.0の登場です。

(1)MigrateEasy7.0でクローン作成
リカバリー領域はSSDの末尾にコピーするよう操作
パーティション2にコピー
MigrateEasyの場合、2番目のパーティションは2番目にコピーされます。

(2)KNOPPIXでパーティション2をパーティション4に変更
パーティション2をパーティション4に変更です。
そのままではできないので
いったん、パーティション2を削除し
同じ領域をパーティション4として再定義します。
削除・再定義でパーティション自体はクリアされることは無く内容はそのまま
パーティション4として定義されます。
これでなんとかパーティション4にコピーできました。

# fdisk /dev/sda
d   ・・・削除
2

n   ・・・新しい区画を作成
p
4
7392
7783

w   ・・・テーブルを書き込んで終了

この状態でのパーティションの情報です。
root@Microknoppix:/home/knoppix# fdisk -l

Disk /dev/sda: 64.0 GB, 64023257088 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 7783 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0xc0320231

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 * 1 3264 26218048+ 7 HPFS/NTFS
/dev/sda4 7392 7783 3148740 c W95 FAT32 (LBA)

Disk /dev/sdb: 80.0 GB, 80026361856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 9729 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x10bf360e

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 * 1 3264 26218048+ 7 HPFS/NTFS
/dev/sdb2 9338 9729 3148740 c W95 FAT32 (LBA)

(3)DOS起動し
「makebeer /copy」
「makebeer /ndos」
「recvmode /normal」
全て正常終了
電源OFF


(4)BIOSでリカバリー実施
無事、
「ハードディスク リカバリー / 消去」
が表示されました。

こいつを選んでリカバリーし
Windows XPの設定まで正常終了しました。

showRHDD.js実施し


アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR