Galaxy Tab SC-01C JB/CM10を入れる







Galaxy Tab SC-01C Jelly Bean / CyanogenMod10を入れる

外部SDCardも使用できるようになったのでGalaxy Tab SC-01C CyanogenMod10を入れてみました。

Galaxy Tab SC-01C CM10の情報はここから
http://www.humberos.com.br/

■ダウンロード
必要なファイルは3つです。
・Kernel
・ROM
・Gapps

KernelとROMはDownloadの
P1000
Only Kernel


Gappsはページ内を「Gapps」で検索し
Download and copy the CM10 Rom and Gapps to sdcard.
Gappsをクリックし
Goo.im Downloads - Browsing gappsのページから
CyanogenMod 10.0.x
のファイルをダウンロード


2012/09/06時点でのファイル名は
Kernel:cm10-20120831-p1-kernel.zip
ROM :sgt7-cm10-20120831-HumberOS-p1.zip
Gapps:gapps-jb-20120726-signed.zip

■インストール
CM9の環境であれば
CWMで3つのファイルを Kernel> ROM> Gapps の順に焼けば良い。
CM9からなら「wipe data/factory reset」も不要

<注意>
・USBケーブルが接続されている場合は焼く前にUSBケーブルを抜くこと
・cm10用のKernelを焼かないとCM10のROMは焼けません。
 焼く前に入っていたROMも起動しなくなるの要注意


■その他

日本語フォントはあらかじめ入っています。

後はいつものセルスタンバイの修正パッチの実施で
過去記事参照:Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9 - CyanogenMod 9にしました







標準ブラウザのクイックコントロールのUIが変わりました

今開いてるページ(タブ)を閉じる場合
タブ一覧をタップし



クイックコントロールのメニューが変わって×をタップ



慣れていないせいかちょっと使いづらい。
スポンサーサイト

Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9をbashとPuTTYで使う(その2)





Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9をbashとPuTTYで使う(その2)

bashの環境設定ファイル「/etc/bash/bashrc」のオリジナルの内容です。

# /etc/bash/bashrc
#
# This file is sourced by all *interactive* bash shells on startup,
# including some apparently interactive shells such as scp and rcp
# that can't tolerate any output. So make sure this doesn't display
# anything or bad things will happen !


# Test for an interactive shell. There is no need to set anything
# past this point for scp and rcp, and it's important to refrain from
# outputting anything in those cases.
if [[ $- != *i* ]] ; then
# Shell is non-interactive. Be done now!
return
fi

# Bash won't get SIGWINCH if another process is in the foreground.
# Enable checkwinsize so that bash will check the terminal size when
# it regains control. #65623
# http://cnswww.cns.cwru.edu/~chet/bash/FAQ (E11)
shopt -s checkwinsize

# Enable history appending instead of overwriting. #139609
shopt -s histappend

use_color=false # 本来ならtrueにするとカラーが有効になるのですが...

# set some environment variables
HOME=/sdcard
TERM=linux

# enable colorful terminal
if [[ ${EUID} == 0 ]] ; then
PS1='\[\033[01;31m\]\h\[\033[01;34m\] \W \$\[\033[00m\] '
else
PS1='\[\033[01;32m\]\u@\h\[\033[01;34m\] \w \$\[\033[00m\] '
fi

# Set up a ton of aliases to cover toolbox with the nice busybox
# equivalents of its commands
for i in cat chmod chown df insmod ln lsmod mkdir mount mv rm rmdir rmmod umount; do
eval alias ${i}=\"busybox ${i}\"
done
unset i
alias ls='busybox ls --color=auto'
alias sysro='mount -o remount,ro /system'
alias sysrw='mount -o remount,rw /system'

# Try to keep environment pollution down, EPA loves us.
unset use_color safe_term match_lhs

この環境設定ファイルでは一見、「use_color=false」の行を「use_color=true」に変えれば
カラーが有効になりそうですが、実際には変わりません。(機能を削っています)

そこで、カラー設定が有効になるよう設定ファイルを一部修正しました。
bash_profile.txtここからダウンロードできます。
この「リンクの対象を保存」し、ファイル名の「.txt」を取って「bash_profile」という名前に変更します。
変更後、「/sdcard/」直下に転送します。

この、「bash_profile」内の
#use_color=true
use_color=false

の2行を編集し
use_color=true
#use_color=false

とすることで(trueの行を有効にすることで)カラーが有効になります。
逆に、コマンドプロンプトから「adb shell」で接続する場合はカラーを無効にします。
(「bash_profile」の改行コードは「LF」です。注意してください。)


# /etc/bash/bashrc
#
# This file is sourced by all *interactive* bash shells on startup,
# including some apparently interactive shells such as scp and rcp
# that can't tolerate any output. So make sure this doesn't display
# anything or bad things will happen !


# Test for an interactive shell. There is no need to set anything
# past this point for scp and rcp, and it's important to refrain from
# outputting anything in those cases.
if [[ $- != *i* ]] ; then
# Shell is non-interactive. Be done now!
return
fi

# Bash won't get SIGWINCH if another process is in the foreground.
# Enable checkwinsize so that bash will check the terminal size when
# it regains control. #65623
# http://cnswww.cns.cwru.edu/~chet/bash/FAQ (E11)
shopt -s checkwinsize

# Enable history appending instead of overwriting. #139609
shopt -s histappend

#use_color=true
use_color=false

# set some environment variables
HOME=/sdcard
TERM=linux

if ${use_color} ; then
# Enable colors for ls, etc. Prefer ~/.dir_colors #64489

if [[ ${EUID} == 0 ]] ; then
PS1='\[\033[01;31m\]\h\[\033[01;34m\] \W \$\[\033[00m\] '
else
PS1='\[\033[01;32m\]\u@\h\[\033[01;34m\] \w \$\[\033[00m\] '
fi
alias ls='busybox ls --color=auto'
fi

# Set up a ton of aliases to cover toolbox with the nice busybox
# equivalents of its commands
for i in cat chmod chown df insmod ln lsmod mkdir mount mv rm rmdir rmmod umount; do
eval alias ${i}=\"busybox ${i}\"
done
unset i

alias sysro='mount -o remount,ro /system'
alias sysrw='mount -o remount,rw /system'
alias emmc='cd /sdcard/extStorages/SdCard/'

# Try to keep environment pollution down, EPA loves us.
unset use_color safe_term match_lhs


「alias」は=の左を入力した場合、右のコマンドが実行されます。
1行目は、/systemを書き込み権限を付けずにマウントします。
2行目は、/systemを書き込み権限を付けてマウントします。
3行目は、外部SDCardにcd(移動)します。機種により外部SDカードのディレクトリが異なるので
使用する端末に合わせ編集し保存することで
CM9:
alias emmc='cd /emmc/'

Galaxy Tab 7.0 Plas等のICS:
alias emmc='cd /sdcard/extStorages/SdCard/'

Galaxy S2等のICS:
alias emmc='cd /sdcard/external_sd/'

どんな機種でも
# emmc

と入力することで
外部SDカードにcd(移動)できます。

Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9のMVNOデータ専用 SIM パッチで起動できなくなる







Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9のMVNOデータ専用 SIM パッチでframework.jarを入れ替え後に
cache、dalvik-cacheをクリアして起動すると
通常、下の画面表示後、bootが終了します。


ところが、cm-9-20120708-NIGHTLY-p1.zip以降ではパッチ適用後のframework.jarを入れ替えて
cache、dalvik-cacheをクリア後、起動するとずーと下の画面のままでbootが終わりません。


cm-9-20120706-NIGHTLY-p1.zipまではパッチ適用後のframework.jarで正常に動作していたにものです。

MVNOデータ専用 SIM パッチを実行する際、
「緊急通報」のモードの入力により正常に起動したりしなかったりするようです。

以下は実行時の入力れいです。
処理対象の Android OS の API Level を指定して下さい
省略時は 14 - Ice Cream Sandwich が使用されます

※入力された値が間違っていても処理は進行しますが
 意図した通りのファイルが生成されるかは不明です

OS Version : APILv : Codename
----------------+-------+------------------------
Android 1.5~ : 3 : Cupcake
Android 1.6~ : 4 : Donut
Android 2.0~ : 5 : Eclair
Android 2.0.1~ : 6 :
Android 2.1~ : 7 : Eclair MR1
Android 2.2~ : 8 : Froyo
Android 2.3~ : 9 : Gingerbread
Android 2.3.3~ : 10 : Gingerbread MR1
Android 3.0~ : 11 : Honeycomb
Android 3.1~ : 12 : Honeycomb MR1
Android 3.2~ : 13 : Honeycomb MR2
Android 4.0~ : 14 : Ice Cream Sandwich
Android 4.0.3~ : 15 : Ice Cream Sandwich MR1
----------------+-------+------------------------
[3-15] 15


パッチの処理モードを選択して下さい

モード : 解説
-------+-------------------------------------------------------
0 : Galaxy シリーズ、Desire シリーズで動作実績があります
: 書き換え箇所は 3, 13
-------+-------------------------------------------------------
1 : Xperia シリーズで動作実績があります
: 書き換え箇所は 2, 12
-------+-------------------------------------------------------
2 : Motorola DROID Pro / DROID 3 で動作実績があります
: 書き換え箇所は 0, 10
-------+-------------------------------------------------------
99 : モード 0 でダメな場合、あるいはモード 1 で
: セルスタンバイの消費が改善されない場合にお試しください
: 書き換え箇所は 2, 3, 12, 13
-------+-------------------------------------------------------

機種に合わせたモードを選択しないと上手く機能しない可能性があります
[0-99] 0


「緊急通報のみ」の表示を無効化する機能が使用可能です
代わりにキャリア名表示が行われるようになるはずです
省略時は 0 - 変更しない が使用されます

※テスト環境が少ないため必ず動くとは限りません
また Android OS 1.5 には「緊急通報のみ」は存在しません

モード : 解説
-------+-------------------------------------------------------
0 : 変更しない
-------+-------------------------------------------------------
1 : 「緊急通報のみ」を無効化します
: ※一部の機種ではこれを選ぶと改変時にエラーが発生します
-------+-------------------------------------------------------
2 : 「緊急通報のみ」を有効化します
: ※常時有効化ではなく改変前の挙動になるだけです
-------+-------------------------------------------------------

[0-2] 1   ・・・ここで0を指定した場合、正常に起動しなくなります。



結局、この「緊急通報」のモードを
0:変更しないから
1:「緊急通報のみ」を無効化します
に変更したら正常にbootが完了するようになりました。


そのおかげで、今までは「緊急通報のみ」と表示されていましたが
「JP DoCoMo - NTT DOCOMO」の表示になりました。


パッチ適用前のframework.jar自体は長いこと(2008年8月から)修正されていないので
あまり気にしていませんでしたが
急に使えなくなるなんて、あせりました。

なお、bootが終わらない状態でもadb shellで接続できるのでframework.jarを入れ替えたり
元に戻すことは可能でした。

GALAXT Tab にCyanogenMod 9を入れたらadb shellでsuがPermission deniedで失敗する(その2)





過去記事
GALAXT Tab にCyanogenMod 9を入れたらadb shellでsuがPermission deniedで失敗する
でその対策でsuを更新しましたが
設定でshellからもsu権限が獲得できました。
ちなみに、ICONIA TAB A500 のTegraOwnersも同じです。

[設定]-[{}開発者向けオプション]-[Rootアクセス]で
[アプリのみ]を選択した場合、shellからはsu権限が取得できない仕様でした。



[アプリとADB]を選択すれば、shellからsu権限が取得できました。



設定が追加されていたのですね。
気付きませんでした。



Galaxy Tab SC-01C ICS/CM9のROMアップデート中に電源が落ちる





Galaxy Tab SC-01C ICS/Cyanogenmod 9のROMアップデート中に電源が落ちる

2012年06月26日cm-9.0.0-RC1-p1.zip(リリース候補版)がリリースされました。
CM9 - CyanogenMod 9

でも、その後もナイトリーは日々更新されてアップされていまが。

それで、CWM Recoveryから更新ROMをインストールするのですが
インストール開始後、しばらくして電源が落ちて止まってしまうことがあります。

最初はダウンロードに失敗したのかと思いましたが
そうではないようです。

■対処方法
取り合えずの対処方法ですが

まず、USBケーブルが接続されている場合は外してから実行する。

それでもだめなら、
CM9のKernelを再度、焼くと正常に更新ROMをインストールできる状態になります。

以前、heimdallでインストールしたKernelを
もう一度heimdallで焼くのです。

具体的には
CM9-Kernel-P1000-20120428.tar.gz
を解凍しできたboot.imgを
コマンドプロンプトから
heimdall flash --kernel boot.img --recovery boot.img
で焼きなおします。

これにより、CWM Recoveryが置き換わり
ICS/CM9のROMが正常にインストールができるようにります。

■ちょっと気になる点
cm-9.0.0-RC1-p1.zip(リリース候補版)の前までは起きていなかったと思うのですが
標準ブラウザを使っていると、画面を切り替えたタイミングで何も設定していなくても
勝手に画面が白黒反転します。


元に戻すには[設定]-[ユーザー補助]-[反転レンダリング]のチェックをオフにします。


それ以外には別段問題なく使用できています。

ちょっと前までは突然タッチパネルがきかなくなることがありました。
その際は、いったん電源SWをオフ-オンで復旧していましたが

cm-9.0.0-RC1-p1.zip(リリース候補版)も含め最近のCM9は
タッチパネルも問題なく使用できています。
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR