Androidアプリ デバイスマネージャー で端末を探す





Androidアプリ デバイスマネージャー で端末を探す


以前、パソコンから自分のAndroid端末をリモートでパソコンから探すを紹介しましたが、

Androidアプリ「デバイスマネージャー」が登場しました。


インストールは Google Play から
デバイスマネージャー (v1.0.2)



画面はこんな感じです。
スポンサーサイト

自分のAndroid端末をリモートでパソコンから探す







自分のAndroid端末をリモートでパソコンから探す

Android 4.1 以降の端末の場合
アプリの「Google設定」を起動し
「Androidデバイス マネージャー」を選択
「リモートでこの端末を探す」をチェックをしておくと
パソコン等で端末の位置を探せます。

Android デバイス マネージャーのヘルプはこちら
Android デバイス マネージャー - Google アカウント ヘルプ

端末の検索はこちら
Android デバイス マネージャー

「Androidデバイス マネージャー」で
「リモートでのロックと出荷時設定へのリセットを許可」をチェックすると
リモートで端末をロックし、すべての端末データを消去します。ロック画面のパスコードを変更することもできるそうです。


あらかじめ、「リモートでこの端末を探す」をチェックしておけば
置き忘れたりした場合も探せます。
もしもの時のために設定しておきましょう。

なお、探せる端末は同じGoogleアカウントで登録した端末のみです。

Google Keepを使ってみた





Google Keepを使ってみた


スーパーや100円ショップなどへの買い物に行く際、
ほぼそれを買うのが目的で行くのですが、
悲しいかな、家に着いて買い忘れに気付くことがあります。
紙に買い物メモを書こうとしても、何が必要がったかすぐには思い出せなかったり。

そこで、普段持ち歩いているスマホに思い付いた時に
テキストファイルで「買い物リスト」を作成・編集し
実際に買う際は買い忘れしないようにしています。

テキストエディターで編集してもそんなに不自由していませんでした。

そんな中、本日、2013年3月21日「Google Keep」がリリースされました。

以下はGoogle playの説明です。

思いついたことをすばやく記録して、どこにいても簡単に思い出すことができます。チェックリストを作成したり、メモを音声入力したり、写真を撮影したり、撮影した写真にメモを付けたりといった機能も備えており、パソコンや携帯端末など、お使いのすべてのデバイスで追加した内容をすぐにチェックできます。

Google Keep の特長は次のとおりです:
• メモやリスト、写真で自分の考えを記録しておくことができます。
• 音声でメモを記録できます。
• ホーム画面ウィジェットで、思いついたことをすばやく記録できます。
• 後で見つけやすくなるよう、メモを色分けできます。
• 不要になったメモはスワイプでアーカイブできます。
• メモ内のチェックボックスの表示/非表示を簡単に切り替えることができ、メモをチェックリストとして利用できます。
• メモはクラウドに安全に保存され、ウェブ(http://drive.google.com/keep)でどこからでもアクセスできます。


Google Keep (v1.0.77)


早速、「Google Keep」をインストールし、
今まで使っていた「買い物リスト」のテキストを新しいメモに貼り付けてみました。


「Google Keep」のメモに「買い物リスト」のテキストを貼り付けた状態
メニューに[チェックボックスを表示する]ってのがあります。それを選択


そうすると、品物の前にチェックボックスが


チェックボックスをタップすれば


チェックボックスの前の点線部分をタップし、簡単に項目の移動ができます。


項目の削除も簡単


まだ、全てを理解している訳ではありませんが
簡単なToDoリストなど、
結構、使えるかも。

Androidのブラウザが使用するファイルについて





Androidのブラウザが使用するファイルの話



保存したぺージはどこにあるの?
ブックマークはどこに保存されているの?
との声を聞きますので
  • 保存したページ(snapshots.db)
  • ブックマーク(browser2.db)
について、ちょっとだけ説明をします。

これらはどちらもsqlite3のデータベースとして保存されています。
()内がファイル名です。

SC-02Dの場合の保存場所
I have no name!@localhost / $ su
localhost / # find / -name snapshots.db -exec busybox ls -l --color=auto {} \;
-rw-rw-r--    1 root         sdcard_rw     19202048 Feb 20 10:02 /mnt/sdcard/Android/data/com.android.browser/files/snapshots.db
-rw-rw-r--    1 media_rw     media_rw      19202048 Feb 20 10:02 /data/media/Android/data/com.android.browser/files/snapshots.db

localhost / # find / -name browser2.db -exec busybox ls -l --color=auto {} \;
-rw-rw----    1 app_89       app_89         4846592 Feb 20 08:57 /data/data/com.android.browser/databases/browser2.db


ISW11SCの場合の保存場所
I have no name!@localhost / $ su
localhost / # find / -name snapshots.db -exec busybox ls -l --color=auto {} \;
-rwxrwxr-x    1 system   sdcard_r    118784 Feb 19 16:22 /mnt/sdcard/Android/data/com.android.browser/files/snapshots.db

localhost / # find / -name browser2.db -exec busybox ls -l --color=auto {} \;
-rw-rw----    1 app_53   app_53      655360 Feb 15 07:58 /data/data/com.android.browser/databases/browser2.db
l

Androidアプリの「Titanium Backup」をインストールしている場合、
sqlite3のツールで内容を確認することができます。
I have no name!@localhost / $ su
localhost / # find / -name sqlite3 -exec busybox ls -l --color=auto {} \;
-rwxr-xr-x    1 app_183  app_183     316031 Nov 28 09:14 /data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/sqlite3

ファイルを作業フォルダにコピーし、
sqlite3で開きます。
localhost browser # cp /mnt/sdcard/Android/data/com.android.browser/files/snapshots.db /mnt/sdcard/external_sd/wk/browser/.
localhost browser # cp /data/data/com.android.browser/databases/browser2.db /mnt/sdcard/external_sd/wk/browser/.
localhost browser # ls -l
-rwxrwxr-x    1 system   media_rw    655360 Feb 20 10:29 browser2.db
-rwxrwxr-x    1 system   media_rw    118784 Feb 20 10:29 snapshots.db

ブックマークは「browser2.db」のテーブル「bookmarks
localhost browser # /data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/sqlite3 browser2.db
SQLite version 3.7.6.3-Titanium
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
qlite> .databases
seq  name             file
---  ---------------  ----------------------------------------------------------
0    main             /mnt/sdcard/external_sd/wk/browser/browser2.db
sqlite> .table     テーブルの一覧
_sync_state            history                thumbnails
_sync_state_metadata   images                 v_accounts
android_metadata       searches               v_omnibox_suggestions
bookmarks              settings
sqlite> .schema bookmarks     テーブルの構造
CREATE TABLE bookmarks(_id INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,title TEXT,url TEXT,folder INTEGER NOT NULL DEFAULT 0,parent INTEGER,position INTEGER NOT NULL,insert_after INTEGER,deleted INTEGER NOT NULL DEFAULT 0,account_name TEXT,account_type TEXT,sourceid TEXT,version INTEGER NOT NULL DEFAULT 1,created INTEGER,modified INTEGER,dirty INTEGER NOT NULL DEFAULT 0,sync1 TEXT,sync2 TEXT,sync3 TEXT,sync4 TEXT,sync5 TEXT);
sqlite> .dump bookmarks     テーブルのダンプ
PRAGMA foreign_keys=OFF;
BEGIN TRANSACTION;
CREATE TABLE bookmarks(_id INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,title TEXT,url TEXT,folder INTEGER NOT NULL DEFAULT 0,parent INTEGER,position INTEGER NOT NULL,insert_after INTEGER,deleted INTEGER NOT NULL DEFAULT 0,account_name TEXT,account_type TEXT,sourceid TEXT,version INTEGER NOT NULL DEFAULT 1,created INTEGER,modified INTEGER,dirty INTEGER NOT NULL DEFAULT 0,sync1 TEXT,sync2 TEXT,sync3 TEXT,sync4 TEXT,sync5 TEXT);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(1,'Bookmarks',NULL,1,NULL,0,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,NULL,NULL,1,NULL,NULL,'google_chrome_bookmarks',NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(2,'Google','http://www.google.com/',0,1,0,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(3,'Picasa','http://picasaweb.google.com/',0,1,2,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(4,'Yahoo!','http://www.yahoo.com/',0,1,4,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(5,'MSN','http://www.msn.com/',0,1,6,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(6,'Twitter','http://twitter.com/',0,1,8,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(7,'Facebook','http://www.facebook.com/',0,1,10,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(8,'Wikipedia','http://www.wikipedia.org/',0,1,12,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(9,'eBay','http://www.ebay.com/',0,1,14,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(10,'CNN','http://www.cnn.com/',0,1,16,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(11,'NY Times','http://www.nytimes.com/',0,1,18,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(12,'ESPN','http://espn.com/',0,1,20,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(13,'Amazon','http://www.amazon.com/',0,1,22,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(14,'Weather Channel','http://www.weather.com/',0,1,24,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
INSERT INTO "bookmarks" VALUES(15,'BBC','http://www.bbc.co.uk/',0,1,26,NULL,0,NULL,NULL,NULL,1,1357612595391,NULL,0,NULL,NULL,NULL,NULL,NULL);
COMMIT;
sqlite> .quit     sqlite3の終了

保存したページは「snapshots.db」のテーブル「snapshots
localhost browser # /data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/sqlite3 snapshots.db
SQLite version 3.7.6.3-Titanium
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
sqlite> .databases
seq  name             file
---  ---------------  ----------------------------------------------------------
0    main             /mnt/sdcard/external_sd/wk/browser/snapshots.db
sqlite> .table
android_metadata  snapshots
sqlite> .schema snapshots
CREATE TABLE snapshots(_id INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,title TEXT,url TEXT NOT NULL,date_created INTEGER,favicon BLOB,thumbnail BLOB,background INTEGER,view_state BLOB NOT NULL);
sqlite> .quit


ただし、保存したページのデータベースをダンプしても
保存した時のURLは知ることができますが、
ページの情報を文字列として参照することはできません。


CopiPeのデータ編集ツールをExcel マクロで作った






関連記事
Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』を買ってみた
Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』を買ってみた(その2)

Androidアプリ CopiPe を使わせていただいています。

CopiPe (v2.1)


一度登録しておけばタップで文字列をコピペできて便利です。

ただ、文字列を登録するためにはAndroid端末で入力しているとイライラします。
「CopiPe」にフォルダを作れるのは1階層だけ。

で、何とか簡単に入力できないかと「CopiPe」を操作していたら
  • インポート
  • エクスポート

という機能があります。

これをうまく使えないかと試行錯誤し
Excel VBAのマクロを使用した
CopiPeTool.xls
を作ってみました。

「CopiPe」の対象フォルダは
  • com.matabii.copipe\export  エクスポート先
  • com.matabii.copipe\import  インポート元

となっています。
※注意
エクスポートするとエクスポート先のフォルダは作成されますが
インポート元のフォルダはインポート前に作る必要があるようです。


Excel のマクロを使っている関係で
Excel 2003以上が入っていないと動きません。

Office互換ソフトでの動作しません。


本ツール(Excelブック)は
「CopiPe」でエクスポートしたファイルの編集するためのものです。
編集したファイルは「CopiPe」のインポート機能で取り込みます。

手順は

  1. 端末で「CopiPe」のエクスポート
  2. パソコンにエクスポートしたファイルを転送
    「export」のフォルダ毎転送した方が良いかも
  3. 「import」フォルダ作成
    「export」と同じレベルでフォルダを作ります。
    その方が後でインポート時に楽。
  4. Excelでブックを開く
  5. シートの設定
    以下のシートに実際のフォルダを設定します。
    H2:Read Dir. :export(エクスポート先)
    H3:Write Dir.:import(インポート元)
  6. [File Read]でファイル読み込み
  7. シートを編集
    folder:フォルダの場合「1」、値の場合「0」
    Nameフォルダ名、または、値を入力
  8. [File Write]でファイル書き込み
  9. 編集したシートを保存
  10. [File Write]で作成したファイルを端末へ転送
    「import」のフォルダ毎転送した方が楽
  11. 「CopiPe」でインポート

シートをコピーして入力欄に
C2:Tag Name
C3:File Name
を設定すれば新しいタグの編集もできます。

1.~3.を飛ばして使用できますが
1度エクスポートした方が編集が容易です。

公衆無線LANのSSIDとネットワークキー
メールアドレス
定型文
などタグを分けて登録すれば便利です。

動作未保証、サポート無しです。
自己責任で使用してください。

ここから http://www1.axfc.net/uploader/so/2784604.zipから
DLキーは
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
たっきーのブログへようこそ!
パソコン・スマホを
より使いやすくするため奮闘中!
改造したり、root取ったり
色々やってます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR